カテゴリー一覧へ

資産形成=タイム・イズ・マネー!計算でわかる、今すぐ投資を始めるべき理由【30〜40代向け】

資産形成=タイム・イズ・マネー!計算でわかる、今すぐ投資を始めるべき理由【30〜40代向け】

 

こんにちは!PayPay経済圏の住人、リタイア60です。

 

いきなりですが、資産形成において最も大切なものは何かご存じでしょうか?答えは実は意外なものなのです。

 

資産形成・最重要ポイント
  • 時間こそが一番の資産

 

「入金力」「時間」の掛け算が資産形成における勝利の方程式。たとえ入金力が少なくても、時間が長ければ大きな資産を築くことが可能。その理由を見ていきましょう。

 

 

 

1.まずは現状を把握しよう

日本でこれから老後を迎える人は、備えなくして生き抜けないのです。

 

かつて報じられた「老後2,000万円問題」。徐々に記憶から薄れているかもしれませんが、日本で生活する全員に関係するこの問題は、未だ解消されていません。

 

【老後2,000万円問題とは?】

金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」による「老後20~30 年間で約1,300 万円~2,000 万円が不足する」という試算を発端に物議を醸した、「いかに老後の資金を形成するか」をめぐる問題のこと。「2,000万円」という金額は、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯では毎月約5.5万円の不足が生じるため、20~30年間の不足額が約1,320~1,980万円に上るという試算に基づく。

引用元:ダイワファンドラップオンライン

 

これからの物価上昇、少子高齢化など、時代の変化を加味すると、アラフォー世代の老後は年金だけで普通に生きていくことが難しいのです。

 

  • 老後資金をどのように貯めていくのか?

 

実は「投資」によって老後2,000万円問題を解消することが可能なのです。その根拠は、計算をしてみると明らかになります。そこで、今回はサラリーマン定年を65歳とし、定年までに2,000万円を作る方法を、以下の2つのスタート年齢別に計算してみます。

 

  1. 35歳スタート=定年まで30年間
  2. 45歳スタート=定年まで20年間

 

 

 

2.銀行の普通預金で貯めていく場合

銀行の普通預金で貯めるのが一般的かもしれませんが、時代は投資に傾いています

 

投資の話をする前に、まずは銀行の普通預金について確認。結論から言うと、あまり「おすすめできません」。理由は「金利が低すぎる」から。

 

【三井住友銀行の円預金金利】
  • 普通預金金利:0.001%(2021年12月6日時点)

 

普通預金の金利で、2,000万円を65歳までに貯めるには、毎月どのくらいの貯金をしなければならないかを計算してみます。

 

f:id:retire60:20211206091506j:plain
f:id:retire60:20211206091509j:plain
銀行普通預金・金融庁のシミュレーションを利用して作成

 

銀行預金で2,000万円を貯めるには…
  • 35歳から毎月5.6万円の積立
  • 45歳から毎月8.4万円の積立

 

銀行の普通預金の場合、最終的な運用収益はそれぞれの期間で「数千円程度」しか増えません。ほとんどが毎月の積立額のみです。35歳スタートで毎月5.6万円、45歳スタートなら毎月8.4万円の積み立て。家賃に近い金額を毎月捻出しなければなりません。

 

  • 平均年収433万円=手取り額約340万円

 

2021年9月29日に公表された国税庁の「令和2年分民間給与実態統計調査結果」で公表された平均年収。税金や社会保障費などを差し引いた手取り額は上記の通り。この手取り額で、先程の金額を毎月積み立てていくのは至難の業。かなり厳しい節約生活を強いられることになります。

 

節約ばかりでは人生を楽しめないですよね。それだけ老後2,000万円問題はシビアなのです。

 

今回の計算で注目すべき点!それは、45歳スタートより35歳スタートの方が、毎月2.8万円少なくて済むこと。つまり、早く資産形成をスタートした方が余裕ができるのです。これが「投資」になると、その効果はさらに大きくなります。

 

それでは、貯金から投資へと転換すると、毎月の積立額はどのように変化していくのか?計算をして確認していきましょう!

 

 

 

3.資産運用で貯めていく場合

①資産運用の基本

資産運用の代表格である株式投資。投資にリスクはつきもの。どのように抑制できるのか?

 

資産運用とは、株式や投資信託、債権などの金融商品を購入(または売買)する事で収益を獲得していくこと。金融庁が推奨している「長期・分散・積立(=つみたてNISA)」の手法は、初心者向けの、リスクを抑えながら行う資産運用の王道です。

 

「長期・分散・積立」とは?
  • 長期:長期にわたって金融商品を保有し続けること。リターンの振れ幅が小さくなり、安定した収益を得ることが期待できる。
  • 分散:資産の分散、地域の分散、時間の分散によるリスクコントロール
  • 積立:自分が決めたタイミング・金額で定期的に金融商品を購入(ドル・コスト平均法)

引用元:「投資の時間」より抜粋

 

資産運用の代表格である株式投資。株式投資には様々なリスクがあり、そのリスクに対する許容度によってハイリスク・ハイリターンやローリスク・ローリターンに分かれます。投資での失敗は自己責任となりますので、しっかり理解した上で取り組むようにしましょう。

 

それでは、「老後2,000万円問題」の解消のために、ローリスク、ハイリスクそれぞれの場合では毎月の積立額はどうなっていくかを計算してみましょう。

 

 

 

②ローリスク・ローリターン

f:id:retire60:20211206170427j:plain
f:id:retire60:20211206170425j:plain
ローリスク・ローリターン 金融庁シミュレーションを利用して作成

 

金融庁が考えるローリスク・ローリターンの年率が「3%」リンク先を参照)。この想定利回り(年率)で計算をすると上記の画像の結果になります。

 

ローリスク資産運用で2,000万円を貯めるには…
  • 35歳から毎月3.5万円の積立
  • 45歳から毎月6.1万円の積立

 

先程の銀行普通預金より、毎月の積立額がそれぞれ2万円程度減少。毎月の積立額を40%程度カットできることになります。ローリスクの資産運用でも想定利回り(年率)は3%ですので、円預金金利の3,000倍になります。

 

45歳からの銀行預金では毎月8.4万円の積立。35歳からのローリスク資産運用では、毎月の積立額は半分以下で済みます。いかに早く資産運用をすることが大切かが分かりますね。

 

  • 想定利回り(年率)が高いほど、運用期間が効果を発揮する!

 

それでは、ハイリスクを取る場合には一体どうなるのかを計算していきましょう。

 

 

 

②ハイリスク・ハイリターン

f:id:retire60:20211206175400j:plain
f:id:retire60:20211206175358j:plain
ハイリスク・ハイリターン 金融庁シミュレーションを利用して作成

 

金融庁が考えるローリスク・ローリターンの年率が「8%」リンク先を参照)。この想定利回り(年率)で計算をすると上記の画像の結果になります。

 

ハイリスク資産運用で2,000万円を貯めるには…
  • 35歳から毎月1.4万円の積立
  • 45歳から毎月3.4万円の積立

 

ハイリスク・ハイリターンであれば、45歳からでも「老後2,000万円問題」の解決が十分に射程圏内の毎月3.4万円の積立になります。35歳からなら毎月1.4万円。ビジネスパーソンのおこづかいレベルで問題解決ができてしまうのです。

 

  • この事実を知っているかどうかで、人生は大きく変わる!

 

銀行普通預金の場合と比較すると、35歳からであれば1/4の積立額で済むということになります。資産運用において、リスクを許容するということは大切な判断ポイントになります。

 

ただし、ハイリスク投資の場合は注意が必要です。必ず利回り(年率)通りに運用できる保障はないのです(ローリスクの場合も同様)。

 

  • 資産運用には良い時もあれば悪い時もある。

 

状況によっては元本を下回る可能性があります。このことを理解した上で、投資をする金融商品を選定する必要があることを「絶対に」忘れないでください。

 

資産運用で大切なポイントは、リスク許容度ではなく「時間という資産を活かす」こと。「長期・積立・分散」によってリスクをできる限り軽減し、安定した資産形成をすることができるのです。

 

 

 

4.まとめ

より良い未来は自らの手でつくり出すしかありません。国が守ってくれる時代は終わりました。

 

老後2,000万円問題の解消は、リスク許容度を自ら考え時間という資産を有効に利用することが大切です。

 

想定利回りは、あくまでも「想定」であり、確約されているものではありません。運用期間内で平均してこの程度は見込めるだろうというものです。想定を上回ることもあれば、下回ることも。それを理解し、納得した上で投資を始めるようにしましょう。

 

  • 資産運用では、入金力を取るか、リスクを取るか、時間を取るか?を自分で判断すること!

 

それでは改めて、資産形成で最も大切なことを確認しましょう。

 

資産形成・最重要ポイント
  • 預金から投資(資産運用)へ移行
  • 時間(運用期間)が一番の資産

 

この記事をここまで読んで頂いたのも何かの縁です。是非皆様の資産運用が良い方向に進んでいくことを心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

5.お知らせ

筆者はリタイア60の名前でSNSをはじめとした発信活動を行っています。ご興味がある方は是非ご覧ください。

 

Twitterアカウント

このアカウントでPayPayポイント運用や株式投資、教育情報などをツイートしています。フォローいただけたら幸いです。

 

PayPayポイント運用・YouTubeチャンネル

毎日、ポイント運用画面を15秒のショート動画をアップ。チャンネル登録や高評価、宜しくお願い致します。

 

リタイア60のブログカテゴリーのご案内

毎週土曜日更新!チャレンジコース×自動追加×放置をコンセプトに運用状況を報告。PayPayポイント運用を利用している方は一見の価値アリです。

PayPayに関する様々な内容を、あらゆる角度から紹介。お得なポイント獲得方法なども掲載中。

株式投資による資産形成。アラフォーによるアラフォーの為の資産形成を中心に発信中。

リアルな日本株積立投資の記録を紹介。コンセプトや積立ルールは「第0週目」をご覧ください。

本業である教育関連カテゴリー。現場での指導経験がある筆者が学習法や入試の重要ポイントなどを中心に記事を執筆中。

 

上記以外にも様々なカテゴリーで記事を発信しています。興味があるカテゴリーがございましたら、是非ご覧になってください。