カテゴリー一覧へ

積立開始年齢別・老後に困らない!毎月の積立金額の目安一覧

f:id:retire60:20220119202717j:plain

 

こんにちは!PayPay経済圏の住人、リタイア60です。

 

かつて「老後2,000万円問題」が大きく注目を浴び、世間に衝撃を与えました。減り続ける出生数、それによる少子高齢化。年金制度を支える働き手はどんどん減り、制度自体が崩壊しているのではないかとまで言われています。

 

そのため、年金支給開始年齢は間違いなく今後も引き上げられていくでしょう。そうなると、「本当に2,000万円で足りるのか?」と疑問を持たざるを得ません。

 

  • 自分の老後は自分で守る時代

 

どうすれば不自由のない、自分の身の丈に合った老後を過ごすことができるのか?楽しい老後に備えるために、この記事を最後まで読み進めていきましょう。

 

1.そもそも毎月いくら必要か?

厚生労働省の「2019年 国民生活基礎調査」によると、全世帯の平均年収は552万3000円。今回の記事では、この生活水準を維持することを目標に考察していきます。

 

キリ良く、世帯年収560万の生活レベルを老後も維持することにしましょう。それでは、この世帯年収の場合、手取り金額はいくらになるのか?

 

  • 世帯年収560万円の手取り金額は約432万円

 

月平均にすると36万円。老後ですから、子育てなどが終わっていることを考慮すると、おおよそ以下の金額で維持できることになります。

 

  • 毎月25万円

 

毎月これだけあれば、平均的な生活(趣味や娯楽にお金をかけても余裕がある)をするには十分です。仮に、住まいが賃貸でたった場合を考えてみましょう。

 

  • 家賃:10万円
  • 食費:1日平均3,000円×30日間=月9万円
  • 水道光熱費:2万円

 

これでもまだ4万円の余裕があります。もちろん豪遊などはできませんが、必要以上に切り詰めた生活も必要ない状態であるというのが分かります。

 

それでは続いて、毎月25万円を年金以外で捻出するにはどうすれば良いのか?まずは総額でいくら必要になるかを確認しましょう。

 

2.老後資金は総額いくら必要か?

2022年1月時点で普及しているのが65歳定年。かつては60歳定年でしたが、年金支給開始年齢の上昇と平均寿命延長に合わせて65歳定年を取り入れる企業が増えています。

 

では、老後は平均すると何年間なのか?厚生労働省の「簡易生命表(令和2年)」によると、2020年の日本人の平均寿命は男性が81.64歳、女性が87.74歳。この数値から85歳まで生きると仮定しましょう。

 

65歳から85歳の20年間、毎月25万円が必要と考えると以下の資産が必要になります。

※計算には「モーニングスター・金融電卓」を利用しています。

 

  • 約3,800万円(運用利回り5.0%)

 

支給される年金を考慮(期待)しなければ、これだけの資産を65歳までに作らないと平均的な生活を維持できなくなるのです。年金を期待すればこれよりも必要な資産は減ります(その金額が2,000万円であることから「老後2,000万円問題」が発生)。今後どうなるかは未知数ですので、この記事では敢えて考慮しないで計算します。

 

さて、ここで見逃してはいけないのが「運用利回り」という言葉です。これは銀行預金の金額ではないということです。

 

  • 資産運用額で3,800万円です!

 

つまり、老後の20年間「も」資産運用が必要になります。それでは65歳までに資産運用額3,800万円の目標達成にはどうすれば良いのか?これを確認していきましょう。

 

3.積立開始年齢別・3,800万円到達方法

やはり資産運用では「長期積立」がおすすめです。つみたてNISAの制度(年間購入額40万円まで。20年間非課税)も上手に利用して、効率よく資産形成をしていきましょう。資産運用開始時期は人によって異なりますが「始めるなら1日でも早い方が良い」です。

 

  • 目標は65歳時に資産運用額3,800万円
  • 運用利回り5.0%で計算

 

この設定で計算してみると、いかに早く始めるのが良いか、一目でわかります。筆者が実際に計算をしてみた内容を記載します。

※計算には「楽天証券・積立かんたん趣味レーション」を利用しています。

 

①積立開始25歳の場合

  • 積立運用期間:40年間
  • 毎月の積立金額:2.5万円
  • 40年後に3,815万円

 

②積立開始35歳の場合

  • 積立運用期間:30年間
  • 毎月の積立金額:4.6万円
  • 30年後に3,828万円

 

③積立開始45歳の場合

  • 積立運用期間:20年間
  • 毎月の積立金額:9.3万円
  • 20年後に3,822万円

 

④積立開始55歳の場合

  • 積立運用期間:10年間
  • 毎月の積立金額:24.5万円
  • 10年後に3,804万円

 

いかがでしょうか?現在のご自分の年齢と比較してみてください。運用期間が短ければ短いほど、毎月の積立金額は厳しくなるのがわかりますね。

 

ちなみに、積立開始年齢が25歳と55歳を比較すると、必要な毎月の積立額は10倍近く異なる結果となりました。やはり、長期積立運用は早く始めるに限ります。これに気がついた今こそが始まるチャンスなのです。

 

4.まとめ

長期積立運用なら今後も経済成長が見込める海外へ。特に米国関連のETFがおすすめです。

 

  • 長期×分散×積立が資産運用の王道

 

王道には間違いないのですが、経済成長が期待できない国の場合は運用利回りが小さくなってしまいます。我々が住んでいる日本が良い例ではないでしょうか。

 

日本の10年後、20年後の日本を見た時にどうでしょうか?出生数(将来の働き手=年金制度を支える世代)はかなり落ち込み(筆者と同じ1981年生まれの出生数の約半分)、一部では「オワコン」とまで言われています。

 

少子化対策無くして経済成長は難しいのは明らかです。そのような先の見えない日本市場に投資をするか、確実に成長が見込まれる海外、特に米国市場へ投資をするか。より確実に資産を増やすなら…もうお分かりですね。

 

短期運用(キャピタルゲイン狙い)であれば、どこの国でもやり方次第で資産を増やすことは可能でしょう。しかし、長期運用であれば、経済成長が見込まれる国の市場を選択しましょう。

 

5.お知らせ

筆者はリタイア60の名前でSNSをはじめとした発信活動を行っています。ご興味がある方は是非ご覧ください。 

 

Twitterアカウント

このアカウントでPayPayボーナス運用や株式投資、教育情報、愛犬ネタなどをツイートしています。フォローいただけたら幸いです。

 

PayPayボーナス運用・YouTubeチャンネル

毎日、ボーナス運用画面を15秒のショート動画をアップ。さらに週1回、アフレコ動画で1週間のまとめを配信しています。チャンネル登録や高評価、宜しくお願い致します。

 

リタイア60のブログカテゴリーのご案内

 毎週土曜日更新!PayPayボーナス運用×チャレンジコース×自動追加×放置をコンセプトに運用状況を報告しています。PayPayボーナス運用を利用している方は一見の価値アリです。

PayPayに関する様々な内容を、あらゆる角度から紹介している記事を集めています。お得なボーナス獲得方法なども掲載中。

株式投資を行っている筆者が資産形成について書いている記事を集めています。アラフォーによるアラフォーの為の資産形成を中心に発信中。

本業である教育関連の記事を集めたカテゴリーです。正社員として現場での指導経験がある筆者が学習法や入試の重要ポイントなどを中心に記事を執筆中。

 

上記以外にも様々なカテゴリーで記事を発信しています。興味があるカテゴリーがございましたら、是非ご覧になってください(可愛い愛犬記事もあります!)。