カテゴリー一覧へ

町中華の老舗が東急東横線・祐天寺駅に!【来々軒】

町中華の老舗が東急東横線・祐天寺駅に!【来々軒】

 

こんにちは!PayPay経済圏の住人、リタイア60です。

 

外回り中心の営業職である筆者。ランチは外食となることがほとんどです。そんな筆者が出会った美味しい町中華、と言っても少し本格的な中華料理のお店がこちら。

 

  • 祐天寺・来々軒(東急東横線 祐天寺駅)

 

いったいどのような飲食店なのか?店内の様子やメニューなどを見ていきましょう!

 

 

 

1.店舗のご紹介

高級感漂う中華料理店ですが、地元に愛される町中華の来々軒。

 

来々軒は、東急東横線・祐天寺駅から徒歩2〜3分程度の好立地に位置している、赤い看板が印象的な飲食店。

 

↓来々軒のGoogleマップ↓

 

創業はなんと昭和8年。長年、地元に愛され続けている有名店です。

 

入店した後に店員さんが持ってくるメニューの表紙を見て驚き!

 

  • 昭和8年 創業

 

昭和、平成、令和と、地元に愛される味を守り続けている伝統ある飲食店なのです。新型コロナウィルス感染拡大の厳しい時代をも乗り越えたその味を一度は堪能してもらいたいものです。

 

 

 

2.店内の様子とメニュー表

コロナ禍のため、テーブル間のディスタンスが保たれています。

 

店内はかなり広め。コロナ禍でなければ、週末は宴会などで盛り上がることだと思います。テーブル間のディスタンスがしっかり取られており、安心して食事を楽しむことが可能です。

 

れもそこそこの値段…。それなりの金額がするのには理由が…。

 

メニューはすべて漢字で記載されていますが、その横には分かりやすく料理名が掛かれているので安心できますね。ただ、ちょっと気になる点が…。

 

  • 全体的に料金が…1,000円前後か…

 

長くこの地で経営しているからこそ地元に愛されているということだけでなく、やや高めな料金設定の理由は必ずあるはずです。平日のお昼時に訪問しましたが、新型コロナウィルス感染拡大で飲食業が厳しい状態にも関わらず、店内はほぼ満席状態でしたので。

 

  • 量が多いのか?
  • 良い素材を使っているのか?
  • 味が抜群に良いのか?
  • 有名な料理人が作っているからなのか?

 

その理由はこの後に!

 

 

 

3.絶品のエビチャーハン

エビチャーハンの値段が高い理由は、具材に妥協をしないからこそ。

 

多くのメニューの中から、今回のランチではこちらを注文。

 

  • エビチャーハン 1,000円

 

少し高めの印象ですが、納得の一皿!画像をご覧頂いてわかると思いますが、エビチャーハンを食べてみた感想を箇条書きで記載します

 

◆箇条書き感想◆
  • 注文してすぐに出てくる。
  • 海老が大きく、量もたくさん!アツアツのプリプリ!
  • 卵も油を吸い込んでフワフワで美味しい。
  • その他の具材も多く入っている。

 

町中華のチャーハンと言えば、500〜800円程度が一般的。大きなエビが多数入っているからこその値段設定。一度食べれば1,000円が妥当な値段だということは分かります。

 

恐らく、エビチャーハンが絶品なので、エビマヨやエビチリも間違いなく美味しいはず!一度試してみたいものです。

 

町中華でありながら本格中華。ちょっと贅沢な気分を味わうことができる町中華も良いのではないでしょうか。

 

 

 

4.お知らせ

筆者はリタイア60の名前でSNSをはじめとした発信活動を行っています。ご興味がある方は是非ご覧ください。

 

Twitterアカウント

このアカウントでPayPayポイント運用や株式投資、教育情報などをツイートしています。フォローいただけたら幸いです。

 

PayPayポイント運用・YouTubeチャンネル

毎日、ポイント運用画面を15秒のショート動画をアップ。チャンネル登録や高評価、宜しくお願い致します。

 

リタイア60のブログカテゴリーのご案内

 毎週土曜日更新!チャレンジコース×自動追加×放置をコンセプトに運用状況を報告。PayPayポイント運用を利用している方は一見の価値アリです。

PayPayに関する様々な内容を、あらゆる角度から紹介。お得なポイント獲得方法なども掲載中。

株式投資による資産形成。アラフォーによるアラフォーの為の資産形成を中心に発信中。

リアルな日本株積立投資の記録を紹介。コンセプトや積立ルールは「第0週目」をご覧ください。

本業である教育関連カテゴリー。現場での指導経験がある筆者が学習法や入試の重要ポイントなどを中心に記事を執筆中。

 

上記以外にも様々なカテゴリーで記事を発信しています。興味があるカテゴリーがございましたら、是非ご覧になってください。