カテゴリー一覧へ

【長期積立】PayPayポイント運用・週報・第83週目・さあ、右肩上がりで続伸となるのか?

【長期積立】PayPayポイント運用・週報・第83週目・さあ、右肩上がりで続伸となるのか?

 

【目標】

PayPayポイント運用損益額・日本一へ!

 

こんにちは!PayPay経済圏の住人、リタイア60です。

 

今週もかなり苦しい戦いを強いられているPayPayポイント運用。1ヶ月近く続けて運用損益額がマイナス圏内、つまり含み損状態なのです。短期目線であれば、できる限り早く撤退するべきでしょう。しかし、筆者の場合は10年以上の長期目線。安くなっている今こそ積極的に追加をしていきたいというチャンスタイムなのです。

 

苦しい状況の時こそ、自分の出口戦略を振り返りましょう。出口戦略が明確であれば、まだまだ耐えられるレベルの下落です。今後もじっくりと市況の成り行きを見ていきたいと思います。

 

◆PayPayポイント運用ルール◆
  • 自動追加で機械的に積立
  • チャレンジコース一択
  • 小銭貯金感覚で日本一を目指す!

 

 

 

1.PayPayポイント運用状況

◆今週のPayPayポイント運用結果◆
PayPayポイント運用画面 左:2022年6月25日 右:2022年7月2日

 

◆今週の結果詳細◆

★今週のPayPayポイント追加額★
156,171円→160,185円へと+4,014円

★運用損益額★
▲20,719円→▲29,967円へと▲9,248円

★損益額・対前回総額伸長率★
▲9,248円÷135,452円×100=▲6.83%

 

ダウ平均は3日ぶりに反発しました。消費関連株などに買いが入ったほか、米長期金利の低下で大手ハイテク株も買われました。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は欧州の討論会に参加し、インフレ抑制・利上げ姿勢であることを改めて話しました。

[PayPay証券・米国株騰落率ランキング(6/29)より引用]

 

米サプライ管理協会(ISM)が午前に発表した6月の米製造業購買担当者景況指数(PMI)は53.0となり、前月から低下した。市場予想(54.9=ロイター通信調べ)も下回った。インフレと米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げなどを背景にした製造業の減速を裏付けた。ただ、価格指数が低下し、インフレがやや緩和した可能性を示唆した。「FRBの利上げペースが緩和し、来年夏には利下げに踏み切る恐れもある」(欧州系金融機関)との声も上がった。

債券市場では、景気後退への懸念から債券が買われ、金利が低下。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは一時2.79%となり、5月以来の低水準となった。株式市場では、金利の低下局面で買われやすいハイテク株に買いが入り、相場の下支えとなった。アップルは1.6%高、セールスフォースは1.9%高、マイクロソフトは1.1%高、アマゾン・ドット・コムは3.2%高だった。

FRBの積極的な利上げによる景気後退懸念の高まりを受け、ダウ平均は6月に約7%下落した。3連休を前に持ち高調整や安値拾いの買いも入り、終盤にかけて上げ幅を広げた。個別では、このところ値を下げていた景気敏感株の上昇が目立った。ウォルト・ディズニーの1.8%高、マクドナルドの2.5%高、コカ・コーラの2.3%高、ボーイングの2.3%高だった。

市場では、今後発表される4~6月期の企業決算への関心が高まっている。インフレや金利上昇が、どの程度業績を圧迫するかが焦点。また景気後退懸念の高まりに伴い、通期業績見通しも注目されている。米銀エコノミストは「株価に景気後退のリスクは3分の1程度しか織り込まれていない」と指摘しており、企業業績の下振れへの警戒感が強まっている。

[Yahoo!ファイナンス〔米株式〕NYダウ反発、321ドル高=金利低下、終盤に買い(1日)☆差替より引用]

 

【おすすめ】

高額のPayPayポイントを稼ぐことができるサイトの「QuickPoint」。新規登録するだけでPayPayポイントがそこそこ稼げる10連スクラッチをゲット!

 

 

 

2.S&P500

◆今週のS&P500の推移◆

S&P500の推移(6月27日~7月1日)

 

5営業日前の始値:3,920.76

週末の終値:3,825.33

今週の伸長率:▲2.43%

 

忙しい貴方に!今週の海外注目ニュース記事

 

同日発表された5月の米個人消費支出(PCE)は市場予想を下回りました。米連邦準備理事会(FRB)は利上げ継続を示しており、さらに景気は落ち込むとの見方が強まりました。今年上半期(1~6月期)のダウ平均の下落率は、60年ぶりの大きさとなりました。

銘柄では、景気敏感株やハイテク株などが下がりました。

[PayPay証券・米国株騰落率ランキング(6/30)より引用]

 

 

 

↓iOS版のダウンロードはこちらの画像をタップ↓

↓Android版のダウンロードはこちらの画像をタップ↓

 

3.日経平均

◆今週の日経平均株価の推移◆

日経平均株価の推移(6月27日~7月1日)

 

5営業日前の始値:26,741.80

週末の終値:25,935.62

今週の伸長率:▲3.01%

 

忙しい貴方に!今週の国内注目ニュース記事

 

前日に発表された5月の米個人消費支出、取引開始前に日銀が発表した6月の全国企業短期経済観測調査が揃って市場予想を下回り、景気悪化の懸念が強まりました。景気敏感株を中心に、東証プライム市場銘柄の約8割が値下がりしました。日経平均の下げ幅は一時的に500円を超える場面もあり、6月20日ぶりに2万6000円を割って引けました。

[PayPay証券・日本株騰落率ランキング(7/1)より引用]

 

 

 

 

4.QQQ

◆今週のQQQの推移◆

QQQの推移(6月27日~7月1日)

 

5営業日前の始値:296.04

週末の終値:282.13

今週の伸長率:▲4.70%

 

第84週目記事はこちら

第82週目記事はこちら

PayPayポイント運用比較表はこちら

 

 

 

5.お知らせ

筆者はリタイア60の名前でSNSをはじめとした発信活動を行っています。ご興味がある方は是非ご覧ください。

 

Twitterアカウント

このアカウントでPayPayボーナス運用や株式投資、教育情報などをツイートしています。フォローいただけたら幸いです。

 

PayPayポイント運用・YouTubeチャンネル

毎日、ポイント運用画面を15秒のショート動画をアップ。さらに週1回、アフレコ動画で1週間のまとめを配信しています。チャンネル登録や高評価、宜しくお願い致します。

 

リタイア60のブログカテゴリーのご案内

 毎週土曜日更新!PayPayポイント運用×チャレンジコース×自動追加×放置をコンセプトに運用状況を報告しています。PayPayポイント運用を利用している方は一見の価値アリです。

PayPayに関する様々な内容を、あらゆる角度から紹介している記事を集めています。お得なポイント獲得方法なども掲載中。

株式投資を行っている筆者が資産形成について書いている記事を集めています。アラフォーによるアラフォーの為の資産形成を中心に発信中。

リアルな日本株積立投資の記録を紹介。コンセプトや積立ルールは「第0週目」をご覧ください。

本業である教育関連の記事を集めたカテゴリーです。正社員として現場での指導経験がある筆者が学習法や入試の重要ポイントなどを中心に記事を執筆中。

 

上記以外にも様々なカテゴリーで記事を発信しています。興味があるカテゴリーがございましたら、是非ご覧になってください(可愛い愛犬記事もあります!)。