カテゴリー一覧へ

【長期積立】PayPayポイント運用・週報・第80週目・不安定な米国市場から爆益モード移行はあるのか?

PayPayポイント運用・週報 第80週目

 

【目標】

PayPayポイント運用損益額・日本一へ!

 

こんにちは!PayPay経済圏の住人、リタイア60です。

 

いよいよ節目である「第80週目」を迎えることができました!毎週土曜日の定期更新。継続するために意識していることは、リアルな状況を包み隠さず、フォーマット化して作業量軽減。これはどのような仕事にも通じる大切なことです。

 

第80週目の節目ですので、別途PayPayに関する超大作の記念記事を投稿予定です。乞うご期待!それでは今週のPayPayポイント運用状況を見ていきましょう。

 

◆PayPayポイント運用ルール◆
  • 自動追加で機械的に積立
  • チャレンジコース一択
  • 小銭貯金感覚で日本一を目指す!

 

 

 

1.PayPayポイント運用状況

◆今週のPayPayポイント運用結果◆
左:2022年6月4日 右:2022年6月11日

 

◆今週の結果詳細◆

★今週のPayPayポイント追加額★
149,178円→151,831円へと+2,653円

★運用損益額★
▲1,993円→▲20,206円へと▲18,213円

★損益額・対前回総額伸長率★
▲18,213円÷147,185円×100=▲12.37%

 

欧州金融大手クレディ・スイスが4-6月期の赤字決算を発表したことにより、企業収益に対する懸念から、銀行株を中心に下がりました。また、経済協力開発機構(OECD)が、世界の経済成長率に対する見通しを下方修正したことで、景気減速の警戒が強まり、売りを誘いました。
景気敏感株が幅広く売られたほか、消費関連株も下がりました。

[PayPay証券・米国株騰落率ランキング(6/8)より引用]

 

米労働省が朝方発表した5月のCPIは前年同月比8.6%上昇、前月比でも1.0%上昇し、前月から伸びが加速。市場予想も上回った。ロシアのウクライナ侵攻を背景にしたエネルギー価格に加え、宿泊や航空券などサービス価格も含む幅広い分野で物価が上がっている現状を裏付けた。
FRBは、6、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)で、通常の2倍となる0.5%の大幅利上げを検討する方針を表明しているが、「さらなる行動を迫られる」(米銀エコノミスト)として、9月以降も大幅利上げが続くとの見方が台頭。急速な金融引き締めによる景気後退懸念が広がった。米債券市場では、長期金利が上昇し、一時3.1%を超えた。
米ミシガン大学が10日発表した6月の景況感指数は、前月比8.2ポイント低下の50.2となり、過去最低を更新。高インフレが個人の景況感もむしばんでいることを示した。

[Yahoo!ファイナンス〔米株式〕NYダウ急落、800ドル超安=利上げ加速を警戒(10日)☆差替より引用]

 

【おすすめ】

高額のPayPayポイントを稼ぐことができるサイトの「QuickPoint」。新規登録するだけでPayPayポイントがそこそこ稼げる10連スクラッチをゲット!

 

 

 

2.S&P500

◆今週のS&P500の推移◆

S&P500の推移(6月6日~6月10日)

 

5営業日前の始値:4,134.72

週末の終値:3,900.86

今週の伸長率:▲5.66%

 

忙しい貴方に!今週の海外注目ニュース記事

 

欧州中央銀行(ECB)が9日、7月で量的緩和を終了し、同月中に0.25%の利上げを発表。また、9月には追加利上げの可能性も示唆され、欧州景気の減速が懸念されました。
世界景気悪化への不安感により航空、建機など景気敏感株が売られたほか、米国金利の上昇から、割高感のあるハイテク株も売られました。本日10日に5月の米消費者物価指数(CPI)の発表が控えていることも意識されています。

[PayPay証券・米国株騰落率ランキング(6/9)より引用]

 

 

 

PayPayアプリを利用していない方は、以下の画像をクリックしてPayPayアプリをダウンロードしましょう。使えば使うほどお得になるPayPayアプリとPayPay経済圏のスタートはここから始めましょう!

↓iOS版のダウンロードはこちらの画像をタップ↓

↓Android版のダウンロードはこちらの画像をタップ↓

 

3.日経平均

◆今週の日経平均株価の推移◆

日経平均株価の推移(6月6日~6月10日)

 

5営業日前の始値:27,549.64

週末の終値:27,824.29

今週の伸長率:+1.00%

 

忙しい貴方に!今週の国内注目ニュース記事

 

前日の欧米株式相場の全体的な下落を受け、東証プライム市場では全体の9割近くの銘柄が値下がりしました。
欧州経済の減速懸念から機械や鉄鋼、非鉄金属株といった景気敏感銘柄が売られたほか、米長期金利の上昇も株価収益率の高いグロース株の悪材料となっています。一方で国内景気は回復の期待感を残し、内需株には買いも入りました。

[PayPay証券・日本株騰落率ランキング(6/10)より引用]

 

 

 

【投資家が選ぶ「スマホ利用で使いやすい」ネット証券No.1】
  • 1株数百円から選べる取引方法
  • 業界最低水準の手数料
  • 直観的でシンプルなデザイン
  • LINE Pay・LINEポイントに対応
  • 投資信託を厳選、つみたて投資対応
  • 投資も情報収集もこれひとつで

↓↓口座開設は以下のリンクから↓↓

 

4.QQQ

◆今週のQQQの推移◆

QQQの推移(6月6日~6月10日)

 

5営業日前の始値:310.80

週末の終値:288.84

今週の伸長率:▲7.07%

 

第81週目記事はこちら

第79週目記事はこちら

PayPayポイント運用比較表はこちら

 

 

 

5.お知らせ

筆者はリタイア60の名前でSNSをはじめとした発信活動を行っています。ご興味がある方は是非ご覧ください。

 

Twitterアカウント

このアカウントでPayPayボーナス運用や株式投資、教育情報などをツイートしています。フォローいただけたら幸いです。

 

PayPayポイント運用・YouTubeチャンネル

毎日、ポイント運用画面を15秒のショート動画をアップ。さらに週1回、アフレコ動画で1週間のまとめを配信しています。チャンネル登録や高評価、宜しくお願い致します。

 

リタイア60のブログカテゴリーのご案内

 毎週土曜日更新!PayPayポイント運用×チャレンジコース×自動追加×放置をコンセプトに運用状況を報告しています。PayPayポイント運用を利用している方は一見の価値アリです。

PayPayに関する様々な内容を、あらゆる角度から紹介している記事を集めています。お得なポイント獲得方法なども掲載中。

株式投資を行っている筆者が資産形成について書いている記事を集めています。アラフォーによるアラフォーの為の資産形成を中心に発信中。

リアルな日本株積立投資の記録を紹介。コンセプトや積立ルールは「第0週目」をご覧ください。

本業である教育関連の記事を集めたカテゴリーです。正社員として現場での指導経験がある筆者が学習法や入試の重要ポイントなどを中心に記事を執筆中。

 

上記以外にも様々なカテゴリーで記事を発信しています。興味があるカテゴリーがございましたら、是非ご覧になってください(可愛い愛犬記事もあります!)。