カテゴリー一覧へ

PayPayポイント運用・週報【第51週目〜第60週目】のまとめ

PayPayポイント運用・週報【第51週目〜第60週目】のまとめ

 

こんにちは!PayPay経済圏の住人、リタイア60です!

 

毎週土曜更新の「PayPayポイント運用・週報」。投稿記事数が多くってきましたので、利便性を考えて、今までの記事を10週単位でまとめました。

 

今回は第51週目〜第60週目のまとめ。PayPayポイント運用をスタートしたばかりの方に、スピーディーで分かりやすい内容にしています。

 

↓第41週目~第50週目の記事はこちら↓

www.ritire60.com

 

第50週では驚異の運用損益率+60%!イケイケの状態になりました。この時期はPayPayポイント運用ユーザーも鰻登り。誰でも運用を開始すればポイントが増加する時期でした。しかし、その後、まさかの展開に陥るとは…。そう、コロナバブルが崩壊するのがこの第51週目以降なのです。厳しい戦いの始まりです。

 

PayPayポイント運用のマイルール
  • チャレンジコース、自動追加、放置

 

やることはコース選択と最初の自動追加設定のみ。その後は出し入れせずに、見てるだけ。気楽なポイント運用のスタートです。

 

 

 

1.運用状況の概要

①PayPayポイント運用週報・第51週目

運用損益率は+60%を維持。この時に利確しておけばと後悔することに…。

 

前週から引き続き、運用損益率は+60%超をキープ。この時には先を読めていなかったのです。コロナバブルの終焉があることを。今から冷静になれば、当たり前の話なのですが…。

 

 

 

②PayPayポイント運用週報・第55週目

下落したとはいえ、+40%超はキープ。通常下落の範疇だと油断をしていたのは間違いありません。

 

運用損益額が下落し始めています。この時期はコロナバブルはまだまだ続く、そして、この先も米国市場は大きく伸長すると、根拠なく信じていたのです。この慢心が落とし穴となります。

 

 

 

③PayPayポイント運用週報・第60週目

59週目から60週目で大幅下落。運用総額は10週間で減少するという結果に…。

 

コロナバブル終焉の始まりはここからです。2022年になってすぐのタイミング。この後、一時持ち直しますが、苦しい戦いになっていきます。危機管理能力が投資活動には欠かせません。

 

 

 

【おすすめ】

高額のPayPayポイントを稼ぐことができるサイトの「QuickPoint」。新規登録するだけでPayPayポイントがそこそこ稼げる10連スクラッチをゲット!

 

2.運用状況の詳細

①推移グラフと推移表

運用損益額が60週目に大幅減少。その前からジリジリと下落。コロナバブル終焉へ。

 

【PayPayポイント運用・第51〜60週目の推移表】

週目 運用総額 追加額 損益額 損益率
51 120,306 75,044 45,262 60.31%
52 113,065 77,630 35,435 45.65%
53 114,711 83,976 30,735 36.60%
54 133,101 87,513 45,588 52.09%
55 127,489 88,761 38,728 43.63%
56 137,194 90,140 47,054 52.20%
57 143,369 91,265 52,104 57.09%
58 138,722 94,533 44,189 46.74%
59 138,675 96,713 41,962 43.39%
60 115,879 98,439 17,440 17.72%

 

最高の運用損益率から下落傾向が続き、途中持ち直す場面もありながら、第60週にまさかの大幅下落。ロシアのウクライナ侵攻も囁かれ始めた時期でもあり、世界情勢が一気に不安定に。コロナ禍による経済政策も終わりを迎えるという二重苦に、世界経済は巻き込まれていくのです。

 

 

 

②各週の状況はどうだったのか?

あまりにも早く到来したコロナバブル崩壊。ロシアのウクライナ侵攻も大きな影響に。

 

ユーザーの皆様に状況が伝わるように、週報のコメントを一部抜粋してきます。

 

【第51週目】

日経平均は30,000円台に届きそうで届かない1週間。S&P500は月曜日から木曜日まで4日連続の伸長したものの、金曜日は微減。PayPayポイント運用もS&P500同様に小幅ながら4日連続での伸長。運用総額は120,000円台に突入し、運用損益率は+60%台をキープ。

 

【第52週目】

先週末から大きくダウンしたPayPayポイント運用。日経平均は5営業日前と比較して▲3.00%。29,000円台を割り込みました。今回の結果から感じたことは、長期積立なら多少の下げでも大丈夫という事。大きく下落したものの、運用損益はプラス。この後、超PayPay祭の還元分が入ってきますので、むしろチャンスです。

 

【第53週目】

日経平均は先週に引き続き、今週は▲1.09%と絶不調。新型コロナの変異種であるオミクロン株の影響により大きくダウン。S&P500も同様にダウン。2週間で▲4%以上。日本以上に世界はオミクロン株に対して敏感に反応。PayPayポイント運用は、運用損益率が▲4.16%。先週に引き続き大幅のダウン。2週間前と比較すると、約15,000円分のPayPayポイントが消失。ここは辛抱強く耐えていくしかありません。

 

【第54週目】

2週連続での下落。11/20時点の運用損益額+45,262円が、先週末で+30,735円へ。1年以上継続していたからこそ、運用損益額はプラスのままで耐えることが出来ました。そして今週は見事に復活。最終結果としては、1週間で10%以上の伸長。S&P500はオミクロン株にも負けませんでした。

 

【第55週目】

週の途中で、一時、運用損益額が過去最高を記録。しかし、日本時間の金曜日午前中には再び下落。先週末からはマイナス着地。S&P500は先週末比▲1.90%。S&P500と同様に、日経平均も元気がなく、週明けの始値から下げる形で大引けへ。日本経済においては、株価上昇に繋がる要因は特になく、米国の動向によって左右されるという状況が続いています。

 

【第56週目】

ここ数週間、本当に落ち着きがない乱高下が続いたPayPayポイント運用。週の前半で大きく下げた後にじりじり上げていき、結果としてはここ数週間で一番の上げ幅に。しかし、24日にPayPayから最悪のクリスマスプレゼントが。PayPayポイント運用の一部有料化の発表。2022年3月24日から有料化がスタートします。

 

【第57週目】

今週は運用損益額が+50,000円を超え、まさに絶好調!。日経平均が苦戦する中、この米国市場の強さは驚異的。S&P500は最高値を更新。米国市場に世界各国から投資マネーが集まる状態。投資には常にリスクがあるということを頭に入れ、勝てる投資を目指すこと。勝率が高いのが米国市場であるということは事実。安定して増やしたい場合は米国市場が断然おすすめ。

 

【第58週目】

2022年、年明け早々は日本も米国も、株価は非常に良い推移。しかし、最終的には日経平均は2週連続での下落。米国市場も同様に、週末にかけては下落。米国はFOMCの発表や各種経済統計の結果に反応。金融緩和が解除される方向で動く中、今週の雇用統計は良くない状況。PayPayポイント運用も今週は苦しい結果に。1月4日に最高記録更新をしたものの、その後の3日間で▲14,000円弱へ。

 

【第59週目】

先週末も▲5.5%でしたが、さらに下落。FOMCでの発言による結果。S&P500の推移では月曜日始値からは微増。金曜日終値からは下落。現在の全世界を見渡してみると、米国の経済が大きく落ち込み続けるということは考えにくい。日本でも、GoogleやAppleなど非常に身近であり、生活の一部として溶け込んでいる企業が多数。その企業が倒産するなどは考えらないでしょう。

 

【第60週目】

多くの投資家が苦しめられた1週間。しかし、考えてみれば、新型コロナウィルスが最初に感染拡大をした時、株式市場は今以上に大暴落をしました。これを経験している投資家であれば、間違いなく現時点の下げ幅であれば耐えられるでしょう。年明け早々は順調だった市場も、テーパリング加速による金利上昇の影響で大きく下落。。ただ、コロナショック前から比較すれば伸長。日経平均も27,000円台をキープ。ここからが本来の市場の強さを見せることができるかどうかの分かれ道。

 

www.ritire60.com

 

 

 

3.お知らせ

筆者はリタイア60の名前でSNSをはじめとした発信活動を行っています。ご興味がある方は是非ご覧ください。

 

Twitterアカウント

このアカウントでPayPayポイント運用や株式投資、教育情報などをツイートしています。フォローいただけたら幸いです。

 

PayPayポイント運用・YouTubeチャンネル

毎日、ポイント運用画面を15秒のショート動画をアップ。チャンネル登録や高評価、宜しくお願い致します。

 

リタイア60のブログカテゴリーのご案内

毎週土曜日更新!PayPayポイント運用×チャレンジコース×自動追加×放置をコンセプトに運用状況を報告しています。PayPayポイント運用を利用している方は一見の価値アリです。

PayPayに関する様々な内容を、あらゆる角度から紹介している記事を集めています。お得なポイント獲得方法なども掲載中。

株式投資を行っている筆者が資産形成について書いている記事を集めています。アラフォーによるアラフォーの為の資産形成を中心に発信中。

リアルな日本株積立投資の記録を紹介。コンセプトや積立ルールは「第0週目」をご覧ください。

本業である教育関連の記事を集めたカテゴリーです。正社員として現場での指導経験がある筆者が学習法や入試の重要ポイントなどを中心に記事を執筆中。

 

上記以外にも様々なカテゴリーで記事を発信しています。興味があるカテゴリーがございましたら、是非ご覧になってください。