カテゴリー一覧へ

40歳から誰でも億り人になれるのか?【資産運用シミュレーション】

f:id:retire60:20211212212632j:plain

 

こんにちは!PayPay経済圏の住人、リタイア60です。

 

40歳になると、改めて将来の事を考える人は多いですよね。筆者もその一人です。

 

  • 投資は出来る限り早く始めた方が良い

 

これは、経験者なら誰でも感じる、投資についての最適解。そうなると、投資開始が40歳になってからでは遅いのか?もう「億り人」になれる可能性はないのか?

 

世間では65歳定年が当たり前になってきた昨今。40歳からの25年間、資産運用で「億り人」になることは可能なのか?これについて検証していきます。

 

1.日本の40代の平均年収

令和3年9月に国税庁より発表された令和2年分民間給与実態統計調査には、以下のような平均年収が発表されています。

 

  • 全体の平均年収は433万円
  • 40代前半は470万円、40代後半は498万円

※年収=税引前の総支給額・引用元:令和2年分 民間給与実態統計調査より

 

最終学歴や職種によって給与は異なりますが、国税庁の公式発表であるこの平均年収ををもとに、40歳の人が億り人になるための資産運用シミュレーションをしていきます。

 

2.資産運用シミュレーション

シミュレーションの条件
  • 証券口座に毎月定額を25年間入金=積立
  • 利回りはキャピタル・インカム両方を考慮

 

先に結論!
  • 並みの努力では億り人にはなれませんが、やり方次第で可能。

 

それでは、40歳から65歳までの25年間での運用シミュレーションで、億り人になる為にはどの程度の資産運用が必要かを見てみましょう。

 

f:id:retire60:20211210192832j:plain

金融庁の運用シミュレーションより計算

 

  • 毎月8万円の積み立て
  • 想定利回り(年率)10%

 

3.毎月の積立金額について

まず、毎月の積立金額8万円について。40代前半・平均年収470万の場合、独身世帯であっても節約生活が必要になります。その理由は以下の通りです。

 

会社勤めのサラリーマン・扶養家族無しの場合

【年収:470万円】

  • 所得税:約12万円
  • 住民税:約23万円
  • 社会保険料:約68万円

【手取り:367万円】

 

概算で手取り年間367万円。賞与を考慮せず毎月30万円の手取りと考えます。この金額から生活費(家賃、食費、光熱費、通信費、その他)を差し引いていくとどうなるでしょうか?

 

独身40歳の仮計算
  • 家賃:10万円(少し高めに設定)
  • 食費:6万円(1日2,000円で30日間の計算)
  • 光熱費:1万円(電気・ガス・水道)
  • 通信費:1万円(少し高めに設定)
  • その他:4万円(交際費や衣料品費等)

30万円−22万円=8万円

 

銀行預金を一切しなければ、毎月8万円の積立は可能。節約や家賃条件等を変えれば少し余裕が出ます。しかし、交際費を含めた「その他」が4万円ですので、あまり余裕のある生活はできないということが分かります。

 

この計算は「独身」であることが条件。配偶者や子供の有無で状況は大きく変わります。家族が増えれば世帯収入が増えますが、その分、出費は多くなります。その為、毎月の積立金額の面では、40代の平均年収では「並みの努力では億り人にはなれませんが、やり方次第で可能」となります。

 

4.想定利回り(年率)について

前述の資産運用シミュレーションから、億り人になる為には、毎月の積立金額に加えて、想定利回り10%が必要になります。

 

インカムゲインだけで想定利回り10%を稼ぐことはかなり難しいでしょう。株式投資では、配当利回り5%で高配当銘柄と呼ばれているくらいです。その為、想定利回り10%を達成するには、キャピタルゲイン(売買益)を狙わなければなりません。

 

  • ベテラン投資家が日々しのぎを削る投資の世界に、初心者が飛び込んで勝つことができるか?

 

これを冷静に考えてみてください。筆者の経験から言うと、「相場の運」がないと厳しいです。ちなみに、2021年における筆者の利回りは12.5%でした。投資を開始して間もない筆者が簡単に利回り10%を超えることができたのは、まさに相場の運でした。

 

  • 2021年はアフターコロナ相場で、誰でも簡単に勝つことができた

 

つまり、2020年で発生したコロナショックから株価が戻り始めた時期の為、どの銘柄でもキャピタルゲインが簡単に獲得できるという1年間でした。もちろん、コロナショック時に「この後に株価は上がる」と決断して動くのには相応の勇気も必要でしたが…。

 

この先、2021年のような上昇相場が続いていくとは考えにくい。長期的に見れば経済成長を遂げるのは間違いありませんが、それだけを期待していては、想定利回り10%の達成は困難。その為、想定利回りの面でも、「並みの努力では億り人にはなれませんが、やり方次第で可能」となります。

 

5.それでも億り人になりたい!どうすれば良いか?

ここまで、毎月の8万円の積立+想定利回り10%の両方を25年間達成し続けるというのは難易度が高いと理解できたと思います。それでも億り人になりたいという40代の人はいるでしょう。

 

資産運用シミュレーションは、想定利回りを下げれば毎月の積立金額は大きくなり、想定利回りを上げれば毎月の積立金額は減ります。つまり、

 

  • 収入増+節約で毎月の積立金額を増やし、相場の波を捉えて想定利回りを上げていく

 

これが出来れば億り人になれます。必死に本業で出世を目指す、副業で稼ぐなど、簡単なことではありませんが、努力することは必要です。しかし、昇進は年に1回のチャンス、副業もすぐには成果が出ません。そうなると、想定利回りを上げることを考えなければなりません。

 

  • 結局、投資で稼ぐことは必須(収入を増やす努力は継続)

 

その為には「投資先を間違えずに選ぶこと」がとても重要になります。その理由が以下の3つの画像を見比べてもらえるとわかります。

 

f:id:retire60:20211212234348j:plain
f:id:retire60:20211212234342j:plain
f:id:retire60:20211212234345j:plain
2021年・年初来の日経平均、ナスダック総合指数、ダウ平均の値動き

 

日経平均:日本経済新聞社が発表する株価指数。東証1部上場銘柄のうち、代表的な225銘柄をもとに計算。

ナスダック総合指数:NASDAQに上場する全ての銘柄を時価総額加重平均で算出した指数。Microsoft、Apple、Facebookなど。

ダウ平均:アメリカのダウ・ジョーンズ社が算出している平均株価。ダウ工業株平均30種やダウ輸送株20種平均、ダウ総合65種平均といったものがある。

 

日本と海外、特に米国とでは成長度合いが4倍〜5倍程度の差があります。

 

最重要ポイント
  • 成長している市場へ投資をすること

 

つまり、日本国内への投資だけでは億り人になれる可能性が低いということです。やはり、海外、特に米国市場への投資は必要不可欠。米国市場への投資で成功を掴み取ること、まさにアメリカンドリームを達成させることが、40歳から億り人になる為には必須になるのです。

 

6.まとめ

40歳から億り人を目指すには?
  • 収入を増やし、入金力を上げること
  • 海外、特に米国市場に投資すること

 

ただ、ここで今一度考えてみてください。

 

  • 40歳から25年間、節約生活が可能か?
  • 65歳で億り人になることが本当に自分の幸せなのか?

 

自分にとって「億り人」になることが必要なのか?自分が考えるゆとりある暮らしにはいくら必要なのか?今回の記事が改めて老後の明確な目標と目的を考えるきっかけになったのではないでしょうか。

 

筆者の考え
  • 身の丈に合った、無理のない資産形成を通して、ゆとりある老後を過ごすことができれば良い。

 

要は、自分が幸せだと感じることができればそれで良いのです。無理をする事で必ずどこかに歪みが生じます。自分が許容できる歪みに抑えることも40歳以降は必要になります。

 

40代からの資産形成に必要なこと
  • 40歳だからこそ現実的な目標を。
  • 老後の目的を明確に。
  • 己を知ること、自分の身の丈を知ることが失敗しない秘訣。

 

今回、ご縁があってこの記事を最後までご覧いただいた皆様の、今後の資産形成が成功することを心よりお祈り申し上げます。

 

7.お知らせ

筆者はリタイア60の名前でSNSをはじめとした発信活動を行っています。ご興味がある方は是非ご覧ください。 

 

Twitterアカウント

このアカウントでPayPayボーナス運用や株式投資、教育情報、愛犬ネタなどをツイートしています。フォローいただけたら幸いです。

 

PayPayボーナス運用・YouTubeチャンネル

毎日、ボーナス運用画面を15秒のショート動画をアップ。さらに週1回、アフレコ動画で1週間のまとめを配信しています。チャンネル登録や高評価、宜しくお願い致します。

 

リタイア60のブログカテゴリーのご案内

 毎週土曜日更新!PayPayボーナス運用×チャレンジコース×自動追加×放置をコンセプトに運用状況を報告しています。PayPayボーナス運用を利用している方は一見の価値アリです。

PayPayに関する様々な内容を、あらゆる角度から紹介している記事を集めています。お得なボーナス獲得方法なども掲載中。

株式投資を行っている筆者が資産形成について書いている記事を集めています。アラフォーによるアラフォーの為の資産形成を中心に発信中。

本業である教育関連の記事を集めたカテゴリーです。正社員として現場での指導経験がある筆者が学習法や入試の重要ポイントなどを中心に記事を執筆中。

 

上記以外にも様々なカテゴリーで記事を発信しています。興味があるカテゴリーがございましたら、是非ご覧になってください(可愛い愛犬記事もあります!)。