カテゴリー一覧へ

米国市場の下落ポイントを予測?PayPayボーナス運用週報から読み解く3つのキーワード【50週達成記念記事】

f:id:retire60:20211114203321j:plain

 

こんにちは!PayPay経済圏の住人、リタイア60です。

 

毎週土曜日投稿のPayPayボーナス運用週報記事が50回を超えました。この間、大幅伸長もあれば大幅下落もありました。これまでの経験や集計してきたデータを元に、皆様に少しでも運用に役立つ情報を提供します。

 

  • 米国市場が下落するポイントはどこなのか?

 

運用損益額が「2,000円以上」下落した週報
  • 第44週目・2021年10月2日投稿(▲5,538円)
  • 第41&42週目・2021年9月11日&18日投稿(合計▲6,550円)
  • 第29週目・2021年6月19日投稿(▲3,291円)
  • 第12&13週目・2021年2月20日&27日投稿(合計▲2,283円)

※PayPayボーナス運用実績比較表より(リンクあり)

 

PayPayボーナス運用の運用損益額が大きく下落した時の米国市場を振り返ることで、下落の要因となるものを探していきます。この情報は、今後の運用戦略を立てるための基準になるはずです。今回の記事を読んで、ポイント投資の代表格であるPayPayボーナス運用を上手に利用していきましょう。

 

 

 

第44週目の下落要因

 

PayPayボーナス運用状況
  • 週報の集計期間:2021年9月27日~10月1日
  • 運用損益額:+25,322円から+19,784円へ▲5,538円下落

 

米国市場の下落要因
  • サプライチェーンの混乱が発生
  • 米国長期金利が一時大きく上昇→インフレ懸念へ
  • 共和党が米連邦債務上限引き上げに反対→政府資金が枯渇して米国債が債務不履行(デフォルト)に陥るリスクが発生

 

「長期金利の上昇」はキーワードになりそうですね。「米国債の債権不履行」なんてなったら大変なことになりますよね。

その通り。政治と経済は非常に密接な繋がりがあるよね。両方のニュースに注意をしないといけないね。

 

第41&42週目の下落要因

 

PayPayボーナス運用状況
  • 週報の集計期間:2021年9月6日~9月17日
  • 運用損益額:+29,351円から+22,801円へ▲6,550円下落

 

米国市場の下落要因
  • 米国8月の非農業部門雇用者数(雇用統計)が予想を下回る
  • 英国の増税計画
  • 米連邦公開市場委員会の量的金融緩和の縮小(テーパリング)を警戒
  • 大手不動産企業(恒大集団)のデフォルト懸念
  • 米国8月小売売上高が市場予想を上回る→物価上昇の懸念

 

「雇用統計」は景気に直結する大切な指標ですね。テーパリングはコロナ禍およびアフターコロナの一時的なものでしょう。

恒大集団の「デフォルト懸念」は、他国へ影響を与えるという企業規模の大きさに驚きます。景気回復がない状態での「物価上昇」は明らかに株価下落の要因になりますね。

 

第29週目の下落要因

 

PayPayボーナス運用状況
  • 週報の集計期間:2021年6月14日~6月18日
  • 運用損益額:+15,346円から+12,055円へ▲3,291円下落

 

米国市場の下落要因の可能性
  • ブラード米セントルイス連銀総裁が最初の利上げが2022年中と示唆
  • 米連邦公開市場委員会で2023年末までに2回の利上げ可能性を示唆

 

この時期は「利上げ」が重要ポイントですね。開始の時期にも注目しなければいけません。

主要人物の発言ひとつで株価が大きく変わります。それだけ多くの投資家が米国の政治や経済のニュースに注目しているということだね。

 

第12&13週目の下落要因

 

PayPayボーナス運用状況
  • 週報の集計期間:2021年2月15日~2月26日
  • 運用損益額:+3,813円から+1,530円へ▲2,283円下落

 

米国市場の下落要因
  • 米国長期金利の上昇継続→インフレリスク懸念
  • 米国国債増発の懸念

 

先程も出てきましたが、「長期金利の上昇=インフレの可能性」ですから、投資家の皆様は非常に敏感ですね。

投資家は先を読み、適所に資金をつぎ込むことで利益を上げるのです。その為、「可能性」があれば慎重に動かざるを得ないのです。それだけでなく、国債を増発しすぎると国家のデフォルトも可能性が出てきます。

 

まとめ

 

今回は箇条書きで米国市場の下落要因を抽出してみました。これらから得られるキーワードは、PayPayボーナス運用から引き出すタイミングの指標として役立ちます。

 

米国経済の下落要因・まとめ
  • 大企業などの債務不履行(デフォルト)の可能性
  • 長期金利上昇によるインフレ懸念
  • 増税の可能性
  • 量的緩和の縮小(テーパリング)の開始可能性
  • 雇用統計が予想を下回る
  • 利上げの可能性
  • 物価上昇の懸念
  • 国債発行の増加可能性

 

とても重要なことはわかりましたが、こんなにたくさんのキーワードからのニュースをチェックすることは、忙しい時には大変です(汗)

それでは、この中で日頃から特に注意を払うべきキーワードを以下の3つに絞りましょう。

 

  • 長期金利・雇用統計・物価

 

このポイントを押さえながら政治や経済ニュースを見ていくと、下落ポイントを発見できる可能性が高まります。上手に米国市場の波に乗り、PayPayボーナス運用の運用損益を伸ばしていきましょう。

 

お知らせ

 

筆者はリタイア60の名前でSNSをはじめとした発信活動を行っています。ご興味がある方は是非ご覧ください。

 

Twitterアカウント

このアカウントでPayPayボーナス運用や株式投資、教育情報、愛犬ネタなどをツイートしています。フォローいただけたら幸いです。

 

PayPayボーナス運用・YouTubeチャンネル

毎日、ボーナス運用画面を15秒のショート動画をアップ。さらに週1回、アフレコ動画で1週間のまとめを配信しています。チャンネル登録や高評価、宜しくお願い致します。

 

PayPayに関する記事一覧

筆者はこの1年間、PayPayおよびPayPayボーナス運用に関する記事を多数投稿してきました。それらの記事をご紹介します。PayPayボーナス運用を極めたい方は是非ご覧ください。

【長期積立運用】

【デイトレ】

【その他】