カテゴリー一覧へ

激うま塩ラーメン!Wスープも最高の「らぁ麺 いしばし」(JR中央線・阿佐ヶ谷駅)【営業職ランチ日記】

2021年8月下旬。ようやくランチ日記復活です!

東京都内では新型コロナウィルスの新規感染者数がオリンピックを境に爆発的に増加。その為、外勤営業が禁止となった勤め先。その為、ランチ日記更新を止めていました。

しかし、担当顧客から「是非、対面で話がしたい」という要望が出始め、先方に許可を頂いた上での外勤活動が再開となりました。

約1カ月ぶりのランチ日記の新作は、やっぱりラーメンになってしまいましたが、

  • 復活号に相応しい100点満点の激うま塩ラーメンでした!

今までのランチ日記から装い新たに、本当に美味しいと思ったものだけをお届けします。それでは早速ご紹介していきましょう。 

1.店舗のご紹介

↓Googleマップでのご案内↓

今回はJR中央線・阿佐ヶ谷駅から歩いて向かいました。距離としては東京メトロ・南阿佐ヶ谷駅からの方が近いです。

JR中央線・阿佐ヶ谷駅からは南口のパール商店街をひたすら歩いていくと到着します。

f:id:retire60:20210828093735j:plain
f:id:retire60:20210828093759j:plain
左:店舗外観 右:カウンター席

オープンは2019年1月15日。調べていくと実はかなりの有名店!雑誌やメディアでかなり取り上げられており、姉妹店なども出店しているやり手の店主。

コロナ禍であっても力強く営業していることに感謝と尊敬しかありません。

店内の座席はカウンターのみ。2年以上前のオープンですがとても綺麗な店内。キッチンの設備も汚れ切っているわけではなく、日々掃除をして清潔感を保っています。

女性のお1人様も多く来店していたのは、こういうところに理由がありそうです。

2.メニュー表(こだわり抜いた素材)

f:id:retire60:20210828093917j:plain
f:id:retire60:20210828093943j:plain
f:id:retire60:20210828094011j:plain
メニュー表(タップ&クリックで画像拡大)
こだわりの素材(メニューより抜粋)
  • :毎朝生で仕入れる新鮮な山梨県の「信玄鶏」
  • :分子が小さく体内への浸透力が高い「πウォーター」
  • スープ:鶏と水だけで、5時間じっくり炊き上げた逸品
  • 塩だれ:「赤穂の塩」「ゲランド塩」「天外天塩」の3種類をブレンド
  • 醤油だれ:伝統の木桶で1年間かけて醸造される「たまさ醤油」
  • 味玉:徳島県のたまごソムリエ小林さんが選りすぐった「阿波手摘みたまご」
  • 鶏節:イノシン酸とグルタミン酸がたっぷり
  • :「春よ恋」「きたほなみ」のブレンド全粒粉入り

徹底してこだわり抜いた素材で作られており、さらに無駄なものを使用しない為、それぞれの素材の良さを引き出すことができています。

ここまでこだわり抜いているにも関わらず、値段もそこまで高いという印象はありません。

メニューからは「プロデュースの上手さ」「美味しさを伝える表現力の高さ」が伺えます。今後さらなる人気店になるのは間違いありません!

3.いざ実食(透き通るWスープが特徴)

f:id:retire60:20210828094037j:plain

塩ラーメンWスープ+煮卵
  • 塩ラーメン味玉つき(Wスープ):930円(税込)
実食後の箇条書きコメント
  • 鶏、塩、煮干し、どれも主張しすぎない絶妙なブレンド
  • 全粒粉入りストレート麺は食後も軽い印象
  • 味玉の黄身が濃厚かつ適切な味加減
  • 鶏胸肉と鶏モモ肉のチャーシューは下味もスープと合うテイスト
  • 飲み干すことができるあっさりスープ

これ以上ないというくらいのWスープのブレンド具合。

濃厚な素材の味を感じながら、ラーメン特有の食後の重さは全く感じられません。

見た目も無理に主張しすぎない配置が好感を持てます。

一度は食べておいた方が良い塩ラーメン。

JR中央線・阿佐ヶ谷駅、東京メトロ・南阿佐ヶ谷駅にお越しの際は是非お立ち寄りください。

次回以降も「これは美味しい!」と思ったものだけを取り上げていくシリーズへと進化させていきます。価値ある美味しさをお届けし、飲食業を盛り上げていきたいと思います。