カテゴリー一覧へ

共働き夫婦の海鮮丼日記・房総半島ならここへ!房総の駅とみうら・海鮮食堂とみうら亭(旧ばんごや本店)

f:id:retire60:20211003113907j:plain

こんにちは!PayPay経済圏の住人、リタイア60です。

 

今回は私達夫婦が愛してやまない海鮮丼のお店を紹介します。そのお店は「房総の駅とみうら」の中にあります。

 

 

飽きれるほど海鮮丼が好きな妻の要望を叶えるために、片道100km以上の距離があるこの場所へ、私達夫婦は何度も訪問しています。

 

f:id:retire60:20210811183702j:plain

道の駅とみうら・夏の青空(筆者撮影)

 

今まで様々なお店や漁港で海鮮丼を食べていますが、値段や交通費を含めると、このお店が一番コストパフォーマンスが良いと思っています。

 

そのお店の名前は「海鮮食堂とみうら亭(旧ばんごや本店)」です。

 

改装リニューアルによって店名が変わりましたが、美味しさは全く変わらずそのまま。いったいどのような海鮮丼に出会えるのでしょうか?

 

1.改装前後の様子

 

f:id:retire60:20210417210117j:plain
f:id:retire60:20210811183707j:plain
左:改装前(映っているのは妻) 右:改装後 (筆者撮影)

 

改装後に驚いたことは「隣にラーメン屋さんが出来た」ことです。今回は海鮮丼メインでしたので調査はしませんでした。何かの機会に訪問してみたいと思います。

 

店名は「ばんごや本店」から「海鮮食堂とみうら亭」と変わりました。店内の様子は大変混みあっている(時期によっては60分待ち)為に撮影をしませんでしたが、ものすごくきれいになっただけでなく、隣のお寿司屋さんと中で繋がりました。

 

これによって座席数も増え、待ち時間の改善に繋がり、以前よりも待ち時間が短縮されました。 新たに「イーパーク」による来店予約機能が追加されたので、待ち時間は他の店舗でお土産を見てのんびり過ごすことも可能です。

 

夏休みなど、千葉県が観光シーズンで盛り上がる時期は非常に込み合いますが、それ以外の土日祝日などは、そこまで待つことなく入店が可能です。

 

2.メニュー表が一新

 

f:id:retire60:20210417210343j:plain
f:id:retire60:20210811183720j:plain
海鮮丼のメニュー表 左:改装前 右:改装後

 

外観だけでなくメニュー表も新しくなりました。海鮮丼の種類が若干減ったのが残念ですが、それでも十分なラインナップ。

 

f:id:retire60:20210811183717j:plain
f:id:retire60:20210811183658j:plain
左:一品料理メニュー 右:定食メニュー

お気に入りの一品料理も継続されていて一安心。そして、定食メニューも充実しました。後程紹介しますが、海鮮丼だけでなく、一品料理が格別に美味しい!訪問時には注文することをおすすめします。

 

3.海鮮丼・一品料理の紹介

私達がいただいた海鮮丼(随時更新)

 

f:id:retire60:20210417211501j:plain
f:id:retire60:20210811183710j:plain
まぐろ三色丼 左:改装前 右:改装後(筆者撮影)

 

まずは「まぐろ三色丼」。改装前後では炙りの有無の違い程度です。大トロと言っても過言ではないくらいの中トロ。筋などを感じることも無く、口の中でとろけていきます。

 

白飯の大盛も可能ですが、普通でもこのボリューム感。男性の私でも普通盛で十分。なんといっても一品料理も注文しますので、その分の余力も残しておくことが大切。

 

ネタや白飯の温度管理は抜群。漁港で食べる海鮮丼と遜色ないレベルの鮮度が保たれています。

 

f:id:retire60:20210417211555j:plain
f:id:retire60:20210811183705j:plain
サーモン親子丼 左:改装前 右:改装後(筆者撮影)

 

次は「サーモン親子丼」。何といっても贅沢ないくらの量。改装前後で盛り方に若干の違いはありますが、量の変化をそこまで感じませんでした。

 

見た目から美味しいのが海鮮丼の良いところ。いくらはまさに海鮮丼の中では宝石のように輝いています。いくらは最後まで白飯と一緒に食べることができるくらいの量が入っており、大満足の一品。

 

f:id:retire60:20211002234824j:plain

とみうら丼(筆者撮影)

 

とみうら亭の看板メニューである「とみうら丼」。海鮮の種類が豊富であり、いくらも満足できる量が乗った最高の海鮮丼です。

 

海鮮1切れの大きさだけでなく、厚さも満足できる切り方をされています。これで値段が税込1,680円。これを食べてしまうと、ショッピングモールモールなどに入っているお店の海鮮丼を食べたくなくなります。

 

とみうら亭の海鮮丼は良い意味で食べると後悔します。他で海鮮丼を食べるとなかなか満足できなくなってしまうから。それだけ美味しい海鮮丼を提供してくれる良心的なお店です。

 

私達がいただいた一品料理(随時更新)

 

f:id:retire60:20210811183722j:plain

なめろう(筆者撮影)

 

ビールのおつまみとして最高の「なめろう」。鮮度抜群で、脂の乗りもとても良い逸品。道の駅とみうらには車で訪問することになりますので、ドライバーの方はお酒は飲まないようにしてくださいね。

 

f:id:retire60:20210417211624j:plain
f:id:retire60:20210811183714j:plain
イカメンチ 左:改装前 右:改装後(筆者撮影)

 

改装前後で変わらず美味しさを保っている「イカメンチ」。メンチというと「脂っこい」という印象を持ってしまいますが、全くそんなことはありません。

 

イカを惜しむことなく贅沢に利用しているからこそ出せるあっさりとしたメンチ。揚げたてを提供してくれます。

 

f:id:retire60:20211002234827j:plain

アジフライ(筆者撮影)


「アジフライ」は2枚で提供されます(写真奥で妻がイカメンチを半分にしてくれています)。これがまた大きい。そして大きいだけではなく、しっかりと脂の乗ったアジを提供してくれます。

 

アジフライがジューシーというのは最高ですね。この2枚を1人で食べようとすると、ちょっと量が多いかなと思ってしまいます。一緒に訪問した人とシェアしてもらうのが良いでしょう。

 

イカメンチと同様に、注文が入ってから揚げてくれるので、衣がサクサク。これは絶対に注文した方が良いです。

 

4.まとめ

とみうら亭のちょっとした嬉しい気配りは「減塩醤油」が置かれていること。塩分が気になるけど、醤油で海鮮を食べたいという方にも満足いただけます。

 

房総の駅とみうら自体はそこまで遊ぶところが多いわけではなく、買い物や食事を楽しむところという印象です。

 

f:id:retire60:20210417205247j:plain
f:id:retire60:20210417205728j:plain
房総の駅とみうら(筆者撮影)

 

館山道・富浦 IC のすぐ目の前にありますので交通のアクセスも良好。駐車場の台数も多く用意されていますので、満車で入れないとうこともありません。

 

海鮮を販売しているお店もありますので、バーベキューをやる前に立ち寄って、食材を仕入れるというのにも役立ちます。

 

南房総に遊びに行くときには是非寄ってみてください。