カテゴリー一覧へ

PayPayボーナスの複利効果を活かそう!

f:id:retire60:20210621220107j:plain

スマホ決済企業はそのポイントを利用した投資サービスを続々と展開しています。その代表格であるのが「PayPayボーナス運用」。私もヘビーユーザーとして日々活用していますがちょっとした問題点があります。

  • PayPayボーナス運用では、投資で欠かせない複利効果を得ることが出来ない!

PayPayボーナス運用では複利効果を得ることが出来ませが、実は、PayPayボーナスそのものを上手に活用することで、PayPayボーナスの複利効果を得ることが可能なのです!今回は、実践した結果をもとに紹介していきます。実践紹介後にまとめとして一番大切なポイントを記載していますので、必ず最後までご覧ください。

1.高還元イベントでPayPayボーナスを使う!

f:id:retire60:20210621221031j:plain

いきなりですが、最も重要なことを先にお伝えします。実はYahoo!ショッピング等のPayPayボーナスで買い物ができるサイトでは、

  • PayPayボーナスで買い物をしても再びPayPayボーナスが戻ってくる!

ということをご存知でしょうか?これがPayPayボーナス複利効果の重要ポイントです。そして複利効果を最大限に活かすためには、

  • 高還元イベントを狙ってPayPayボーナスで買い物をする!

これが大きな複利効果を得るための方法なのです。本当に戻ってくるのか、実践した履歴がないと自分で試してみるには怖いですよね。もしかしたらガセネタかもと疑ってしまいますよね。そこで私がPayPayボーナスのみで商品を購入し、その後、特典を得た履歴等をスクショを通して証明していきます。

実際に買い物をしたイベントは「5のつく日曜日イベント」です。

f:id:retire60:20210731143507j:plain

Yahoo!ショッピングでのPayPayボーナス還元がかなり大きくなるイベントです。それでは早速確認していきましょう!

2.複利効果を活かしたPayPayボーナス利用実践

2-1.購入履歴をチェック

実践を通しての紹介ですので、まずはPayPayボーナスでの購入履歴から見てきましょう。

f:id:retire60:20210731141958j:plain

2021年4月25日(日)0時22分に、直前にPayPayボーナス運用から引き出した23,800円分を利用して商品を購入しました。購入した商品はこちら。

f:id:retire60:20210731142243j:plain

妻へのプレゼントとして、moon is さんでティファニーのネックレスを購入しました。画像にある通り、購入時間は2つのスクショとも同じです。これでPayPayボーナスで商品を購入したことはお分かりになったと思います。それでは続いて、今回のイベントでどれだけのPayPayボーナスがで戻ってきたのか?これを確認していきましょう!

2-2.PayPayボーナス還元額の確認

※一部合算でのボーナス付与があるため、すべてを証明することはできません。ご了承のほど宜しくお願い致します。 

それでは還元額を順に確認していきましょう。最初は「オンライン特典」の確認から。

f:id:retire60:20210731144138j:plain

まずは購入直後に支払い画面に出てくるPayPayボーナス付与分。476円相当です。これはオンライン特典2%として約1か月後に付与されます。実際にボーナス付与がされたのがこちら。

f:id:retire60:20210731144337j:plain

前述の通り、約1か月後の2021年5月27日に付与されています。牛丼換算で1杯は間違いなく食べることができる金額です。

続いては「ストアボーナス」の確認をしましょう。

f:id:retire60:20210731145231j:plain

moon is さんから付与された952円相当のPayPayボーナス受取画面です。ストアボーナスは4%ですので、先程のオンライン特典の2倍の額が還元されています。牛丼換算だと2杯は軽くいけますし、ちょっとおしゃれな平日ランチなども視野に入ってくる金額です。

続いては高還元イベントの1つである「日曜日特典」を見ていきましょう。

f:id:retire60:20210731145645j:plain

日曜日特典には注意しなければならないポイントがあります。この画像のように「最大10%相当」とありますが、付与上限があります。小さく記載されていますが、

  • お1人様あたり1,000円/日

その結果、今回のお買い物では最大の10%還元を得ることが出来ていません。

f:id:retire60:20210731150041j:plain

ボーナス付与上限の1,000円が2021年5月20日に付与されています。使用したPayPayボーナスを基準に計算をすると、「4.2%の還元」となります。私がよく営業途中で頂くランチ代はこれで賄うことが可能です。

続いて、「5のつく日特典」について確認していきます。

f:id:retire60:20210731151929j:plain

大変申し訳ないのですが、この日に別のお買い物もしたので、その分が合算されて付与されています。5のつく日の還元率は4%ですので、妻へのプレゼントで還元された金額は、1,428円相当のうちの、952円相当となります。 

3.まとめ(複利効果の計算)

f:id:retire60:20210723201331j:plain

それでは、今回実践したPayPayボーナス複利効果の計算をしてみたいと思います。最初に記載させて頂いた通り、今回お見せできなかった合算でのボーナス付与分が2~3%程度あります。

使用PayPayボーナス額:23,800円相当
  • オンライン特典:476円相当(2%)
  • ストアボーナス:952円相当(4%)
  • 日曜日特典  :1,000円相当(10%→4.2%へ)
  • 5のつく日特典:952円相当(4%)
  • その他還元分 :2~3%

以上より、実際のPayPayボーナス還元率は「16%~17%」程度となります。これを複利効果と考えてみるといかがでしょうか?

通常の投資(長期運用)では利回りは4%~5%くらいで高利回りと言われます。PayPayボーナス複利を16%1回分と長期運用5%利回りで比較してみると、

  • PayPayボーナス複利:23,800円✕1.16=27,608円
  • 長期運用複利:23,800円✕1.05✕1.05✕1.05=27,551円

1回の高還元イベントで、長期運用利回り5%で3年間運用した場合とほぼ同等の複利効果をPayPayボーナスで得ることができたということになります。

最後にPayPayボーナスで複利効果を最大限得るためのPayPayライフの過ごし方を記載します。

PayPayボーナスの複利活用術
  • メインのスマホ決済はPayPayを利用
  • 獲得したPayPayボーナスは自動的に運用へ回し、増えることを期待
  • 高還元イベント期間で、PayPayボーナスを引き出してから、それを利用してお買い物

これが最強のPayPayボーナス複利活用術です。最後までご覧頂き誠にありがとうございました。