無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

岩田松雄・「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方【読書で響いた文言集㉟】

f:id:retire60:20210512213242j:plain

こんにちは!

読書は自らを鍛える最良の道具。

いつでもどこでも学ぶ機会を提供してくれる道具。

道具は使い方次第で活きてきます。

少しでも皆様の読書への関心が高まれば嬉しい限り。

さて、今回の書籍はこちら!

<タイトル>

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

<著者>

岩田松雄

岩田氏の書籍ものこるところあとわずか。

岩田氏の書籍はすべて読破を目指していきます。 

※特に私が感銘を受けた箇所をマーカーを引いていきます。

それでは早速いってみましょう!

 

第1章 リーダーは、かっこいいとは限らない

  • 見てくれている人は必ずいる。頑張っていれば、まわりの人が自分を押し上げてくれる
  • 「努力をすれば、必ず報われる」と自分を信じる強い気持ち
  • 地道にコツコツ頑張っていると、誰かが見てくれている。どこかで花開く
  • 人を治める前にまず、自分を修める必要がある。自分を修めることもできないのに、人を治められるはずがありません
  • たくさんの挫折体験を持ち、苦しい体験を持った人こそ、リーダーになるべき
  • 地位は権力ではなく、責任である
  • 人間を磨いておくことこそ、実はリーダーの最低条件

 

第2章 リーダーは、饒舌でなくてもかまわない

  • リーダーの日々の言動、さらには仕事ぶりそのものが、コミュニケーションになっている
  • シンプルでキャッチーなフレーズを作る。それは、チームや組織にやろうとしていることを浸透させ、勢いをつけられること
  • 心から出たものは心に注がれる

第3章 リーダーは、部下と飲みに行かない

  • 「みんなを幸せにしたい」という思い。これこそが、リーダーの最大の原動力でなければなりません
  • お酒など飲まなくても、本音が聞けるような関係を作ることこそが大事
  • 実際に現場に行かなければ、現場を重視しなければ、現場の味方をしなければ見えてこないことがある
  • 「What」(何を)ではなく、「Why」(なぜ)をきちんと伝えてあげる
  • まともな会社では能力だけではなく、人として徳のある人が選ばれていく
  • ブランドは、顧客のお店での体験が生み出すもの
  • 細かい理屈は措いておいて、中長期的な目標は、直感でいい
  • ただ結果を出すためであれば、「to do good」で十分なのかもしれない。でも、そこから一歩踏み出して「to be good」を目指すべきだ
  • 大切なのは、先入観を持たずにコミュニケーションを取ること

 

第4章 リーダーは、人のすることは信じてはいけない

  • しっかりと事実が集まっていれば、間違った判断をする可能性は低くなる
  • 人を信じてもいいけれど、人のすることを信じてはいけない
  • まずは、事実を聞く。その上で、それについて部下はどう思ったのか、を聞く
  • やった上での後悔のほうがずっといい
  • 部下は、リーダーの前向きな姿勢を見ていれば、前向きなチャレンジに向かえるようになる
  • 人事の失敗は、取り返しがつかない
  • 人事だけは、迷ったまま決断をしてはいけない
  • 自分でできる最大限のことをやれば、神様は悪いようにはしない
  • 「上が決めたから」は絶対に言ってはいけない。これは一番卑怯だ
  • リーダーは絶対に逃げてはいけません

 

第5章 リーダーは、立ち止まらなければいけない

  • 大きな理想も、小さな目標のクリアから始まる
  • やれることからすぐにやっていく。これが行動のスピード感につながっていく
  • まとまった時間は意識して作らないと作れない
  • 仕事だけ頑張っても、実はダメなのです。遊びも頑張ったほうがいい
  • 言ったら書く、思ったら書く
  • 人間は常に100%で走り続けることはできない

 

第6章 リーダーは、多読家である必要はない

  • 部下が知りたいのは、リーダーが自ら経験して得た、自らの言葉や考え方
  • はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る
  • いかに人の心を動かすか
  • 人の痛みがわかる感性を鈍らせない
  • いかに大きな志を、そして正しい志を抱けるか
  • 社長の発想で物事を見つめるべき

 

第7章 リーダーは、弱くてもかまわない

  • 伸び続けている人というのは、謙虚な人
  • 自分の行動を絶対に誰かが見ている、という感覚を持つこと
  • 人を治める前に、自分を修めること
  • 成功は、目指すべきものではない。人間的な成長をすること自体が成功だ
  • 人は決して強くない。完璧な人間などいない。時に弱さを見せることもある。それはあっていいし、当たり前のこと
  • たとえどんな経験であったとしても、そのときそのときで一所懸命に頑張っていれば、無駄な経験など何ひとつない
  • レンガの壁がそこにあるのには、理由がある。僕の行く手を阻むためにあるのではない。その向こうにある「何か」を自分がどれほど真剣に望んでいるか、証明するチャンスを与えているのだ(ランディ・パウシュ)
  • 本気で無私の心を持つ必要がある。
  • 「好きなこと」「得意なこと」「人のためになること」の三つの円が重なったことをミッションにするべき
  • 小さな習慣、小さな気配りをしっかりやらなければいけない
  • 人として使い捨てられる安全カミソリになるな。自らを磨く電気カミソリとなれ!
  • 使い捨てにされたくなければ、自らを磨続ける必要がある
  • 時間の流れを味方に付けること

 

今回は以上となります。

他の岩田氏の書籍でも繰り返し記載されている文言も今回は出てきています。

何度も何度もインプットし、何度も何度もアウトプット。

そして、自らのサラリーマン生活の中で実践として利用していくこと。

それによってこれからも自らを磨いていきたいと思います。