カテゴリー一覧へ

Payトレ方法のまとめ【PayPayポイント運用活用法を伝授】

PayPayロゴ

※2022年4月からPayPayボーナスは「PayPayポイント」へ名称変更!

こんにちは!PayPay経済圏の住人、リタイア60です。PayPayポイント運用を利用したデイトレ(以下Payトレ)をご検討中のそこのあなた!おすすめのPayトレ方法をこの記事で解説していきます。

「デイトレ初心者だから株やFXでのデイトレは心配、けどチャレンジしたい!」という方は必見ですよ!

最後まで見てもらうことで、PayPayポイント運用の知識が高まりますよ!

 

0.はじめに【必読】

PayPayボーナス運用は、2020年4月よりサービスの提供を開始しました。恐らくですが「Payトレ記事を最初に書いたのは私かも?」と思うくらい2020年代のPayトレ記事は思ったより少ないです。

2020年冬以降にはそれなりに多く見かけるようになりましたね。2022年3月時点ではかなりの記事数になっていました。

↓最初の私のPayトレ記事はこちら↓

2020年8月22日午前1時過ぎにこの記事を投稿。もしこの日時より前の「PayPayポイント運用デイトレ」に関する記事がありましたら、Twitter等で教えて戴ければ幸いです。 

もしかしたら、これが日本初のPayトレ記事だったのかもしれない!

これが事実だったら「元祖Payトレ記事筆者」ですね!すごい!

しかしまだ確証がないので、「自称元祖Payトレ記事筆者」としておきます(汗)★間違ってたらごめんなさい m(__)m

↓私のPayトレ記事でアクセスNo.1はこちら↓

記事のアクセス数を見ていると、Payトレ関連は結構注目度が高いですね!

そうなんです。そこで、自称元祖Payトレ記事筆者として、改めてPayトレおすすめ実践方法を解説します。

 

1.Payトレのやり方【重要】

★2021年5月時点のPayPayポイント運用のシステムでのやり方解説です。

①ポイントの「利用設定」を忘れずに!

PayPayポイントに関しては以下の「3つの利用設定」が行えるようになっています。

f:id:retire60:20210501112951j:plain

Payトレをやる時に最も注意しなければならないのが「PayPayポイントの誤使用」です。

PayPayポイント運用では株式投資などと異なり、現金を使用することはできませんからね。

その為、ポイントの誤使用だけは避けなければいけません。Payトレを行う上で私がおすすめする利用設定は「貯める」に設定しておくこと。この設定にしておくことで、PayPayポイント誤使用を確実に防ぐことができます。

Payトレを行うときは、チャレンジコースまたはスタンダードコースのどちらかに「手動」で出し入れをする必要がありますよ。

そうですね!それでは続いてPayPayポイントの出し入れ方法について解説していきます。

 

②PayPayポイントの出し入れ方法

PayPayポイントの手動での出し入れ方法はとても簡単!まずはPayPayボーナスの追加のやり方を紹介します。


f:id:retire60:20210501113905j:image

f:id:retire60:20210501113933j:image

 

  • PayPayポイント運用画面で「運用する」をタップ(上図左)
  • その後、コースを選択し、
  • 追加額を入力して「追加する」をタップ(上図右)

これだけ?すごい簡単!もちろん「全額追加する」「半額追加する」を使ってもOKですね。

続いてPayPayポイントの引き出し方についての紹介です。こちらも非常に簡単ですよ。

f:id:retire60:20210425094829j:plain
f:id:retire60:20210425094854j:plain
  • 運用トップ画面で下にスクロール、運用コースをタップ(上図左)
  • タップ後の画面で下にスクロール、ポイントを引き出すをタップ(上図右)

この時点ではまだPayPayポイントは引き出されませんので安心してください。続いて引き出すPayPayポイント額を設定します。

f:id:retire60:20210425094848j:plain
f:id:retire60:20210425094845j:plain
  • 引き出す金額を入力して「引き出す(交換)」をタップ(上図左)
  • 再度確認が出てくるので、「引き出す(交換)」をタップ(上図右)

本当に簡単に引き出せますね!

PayPayポイントの出し入れについては手数料無料ですので、いつでも、何度でも出し入れが可能です!気軽にPayトレができる仕組みになっています。

PayPayポイント運用にはコースが2つありますが、どちらでPayトレをやるのがおすすめなのですか?

それでは次にPayトレで利用するおすすめコースの説明をしていきましょう。

【おすすめ】

高額のPayPayポイントを稼ぐことができるサイトの「QuickPoint」。新規登録するだけでPayPayポイントがそこそこ稼げる10連スクラッチをゲット!

 

③どちらのコースがおすすめか?

PayPayポイント運用には2つのコースがありますね。スタンダードコースと、スタンダードコースの3倍の値動きがあるチャレンジコース。

Payトレにおいては、間違いなくチャレンジコースがおすすめです!

スタンダードコースだとダメなの?

前にも記載しましたが「PayPayポイント運用では現金の追加が不可」の為、運用元本が少ない状態からスタートせざるを得ないからです。

スタンダードコースでちまちまPayトレをしても時間がもったいないということですね。

そう、正直大して増えません(経験談)。その程度なら、デイトレ、いやPayトレをやらない方がいい!

ということは、現金が投下できないというデメリットを「少額だから思いっきった勝負できる」というメンタル面でのメリットに置き換えればいいのね。

その通り!「負けてもいい!」というくらいの気持ちで挑みましょう!

ところで、Payトレはどのような時間帯でやればいいのかな?昼間は仕事で忙しいし・・・。

確かに。Payトレに限らず、デイトレは出し入れのタイミングが大切なのです。

24時間年中無休でS&P500の値動きに張り付くのは大変ですよね。

それくらいの覚悟ができるなら、証券口座を開設して現金でデイトレをやりましょう(笑)それでは次に、狙うべきPayトレ取引時間帯のおすすめを記載します。

 

【おすすめ】

高額のPayPayポイントを稼ぐことができるサイトの「QuickPoint」。新規登録するだけでPayPayポイントがそこそこ稼げる10連スクラッチをゲット!

 

2.狙うべき取引時間帯【ポイント】

Payトレで重要なのは取引時間帯。値動きが大きい時間帯、つまり、取引量が大きい時間帯を狙わねければ、Payトレで大きなキャピタルゲインを獲得するのは難しいでしょう。

ちなみに経済希望を考えると「米国市場>欧州市場>日本市場」となりますね。

それぞれの取引時間帯を調べてきましたよ!

  • 日本市場 9:00〜15:30
  • 欧州市場 17:00〜1:30
  • 米国市場 23:30~6:30

※サマータイムは考慮せず。日本時間表記。

経済規模として日本はかなり小さい方。その為、日本市場の時間帯は無視してもそこまで問題ありません。

つまりPayトレをせずに仕事をしていても良いということね。

やはりPayトレ時間の狙い目は「日本時間の23:30~1:30の2時間」です!

欧州市場と米国市場の両方が取引をしている時間帯ですね。

市場でのS&P500の取引量も日本時間の昼間より断然多くなるこの時間帯を狙ってPayトレをしましょう。

 

3.サラリーマンならこれがおすすめ

本業の傍らでPayトレをしたいと考えている方が殆どだと思います。

もし本業としてデイトレを選択するのであれば、Payトレではなく、株やFXでやりますよね。

私も本業は営業職のサラリーマンですから昼間が忙しいというのは理解できます。ですから、本業に影響がないようなレベルでPayトレをやることをおすすめします。

Payトレをしすぎて本業に悪い影響が出てはいけませんからね。

完全に個人的な考えですが「6時間は睡眠時間を取りたい!」と考えています。

睡眠は心も体も健康にする大切な要素だからね!これを削るようなことがあってはいけません。

毎朝6:30に起きると仮定すると、布団に入るのは夜中の0:30。先程のおすすめ時間帯も含めて考えると、サラリーマンのPayトレおすすめ時間は「23:30~0:30の1時間」ということになります。※サマータイム期間ならもう1時間前から始めることも可能。

1時間というのはちょうどキリがイイ!時給換算がやりやすいからね!

  • 平均して本業時給換算と同等額を稼ぐことを目指す!

毎日勝つことはデイトレでは難しいので、例えば、1週間の平均で本業時給換算より稼げるようになったとなれば確実に成長したと言えるでしょう。

これが継続できるようになっていけば、株やFXでの勝負に出ても良いかもしれませんね。

 

4.最終的な結論

本業が忙しくなればもちろんそちらを優先せざるを得ません。そうなると、値動きを見ながらのデイトレは非常に難しい。

もちろん、本業での疲労もあり、おすすめ時間帯には睡魔に襲われているということもありますよね。

しかもPayトレの場合「PayPayボーナスしか利用できない」ため、証券口座などで行うデイトレより狙えるキャピタルゲインは少なくなりますね。

結局、私はPayPayポイント利用設定を「自動追加」に設定し、あくまで小銭貯金の一環として運用を利用するようになりました。

★PayPayボーナス運用週報カテゴリーはこちら(リンク有)★

そして、PayPayボーナス運用を通して貯めたPayPayポイントでサプライズプレゼントを購入することができました!

↓サプライズプレゼント購入の記事↓

間違いなく喜んでくれるはずです (*^▽^*)

自分にかかわる全ての方に少しでも喜びを提供する。その原資にすることができるように活用できるのがPayPayポイント運用の良いところ。「貯める設定でのPayトレ」「自動追加設定での長期運用」。どちらが正しいということはありません。自分のライフスタイルに合った運用方法が一番です。

つまり「ストレスを溜めずに、お金を貯める!」ということね。

これからもコツコツ貯めていきましょうね!

 

5.お知らせ

筆者はリタイア60の名前でSNSをはじめとした発信活動を行っています。ご興味がある方は是非ご覧ください。

 

Twitterアカウント

このアカウントでPayPayポイント運用や株式投資、教育情報などをツイートしています。フォローいただけたら幸いです。

 

PayPayポイント運用・YouTubeチャンネル

毎日、ポイント運用画面を15秒のショート動画をアップ。さらに週1回、アフレコ動画で1週間のまとめを配信しています。チャンネル登録や高評価、宜しくお願い致します。

 

リタイア60のブログカテゴリーのご案内

 毎週土曜日更新!PayPayポイント運用×チャレンジコース×自動追加×放置をコンセプトに運用状況を報告しています。PayPayポイント運用を利用している方は一見の価値アリです。

PayPayに関する様々な内容を、あらゆる角度から紹介している記事を集めています。お得なポイント獲得方法なども掲載中。

株式投資を行っている筆者が資産形成について書いている記事を集めています。アラフォーによるアラフォーの為の資産形成を中心に発信中。

リアルな日本株積立投資の記録を紹介。コンセプトや積立ルールは「第0週目」をご覧ください。

本業である教育関連の記事を集めたカテゴリーです。正社員として現場での指導経験がある筆者が学習法や入試の重要ポイントなどを中心に記事を執筆中。

PayPayクーポンを開催している飲食店に訪問して食レポ記事を投稿しています。個人経営の店舗を中心に訪問。お世話になっている飲食業界を盛り上げよう!

 

上記以外にも様々なカテゴリーで記事を発信しています。興味があるカテゴリーがございましたら、是非ご覧になってください(可愛い愛犬記事もあります!)。