無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

【アラフォー転職】営業所長→窓際からの逆転を目指して③

f:id:retire60:20200914222001j:plain

前回の1次面接の結果が・・・

アラフォーの私が転職活動を再開して2週間。

なかなか悩むことが多い年代なのがアラフォー。

実は恐ろしい現実を知ることになりました。

本日、転職エージェントの方から連絡が入りました。

先日の1次面接の合否の連絡。

この結果が中途半端なことに・・・。

『年収で100万以上減少するのが問題なければ2次面接へ』

f:id:retire60:20201023233308p:plain

 

う~ん、足元見られてるな~って感じです・・・。

しかし、冷静に考えてみれば、

  • アラフォーで転職活動
  • 国家資格などを有力資格の保有無し
  • 普通の営業部門の中間管理職

がそう簡単に年収アップなんて難しいですよね。

アップどころか維持すらも難しいというのが現実。

転職エージェントの方曰く、やはり営業職であるならば、

目覚ましい結果とそれに裏打ちされるだけの面接力を一発目で出せなければ

年収アップや現状維持は難しいとのこと。

目覚ましい結果とは?

最低でも前年比150%以上は欲しいとのこと。

ああ、業界的に確実に厳しいです・・・。

キャパが決まっているような市場を担当している場合、はっきり言って130%くらいが限度なんです、今の職種。

大都市圏を担当エリアに持っていれば、キャパは十分にあるので、場合によっては前年比200%なども可能。

ですが、実は業界ならではの、数年に一度のタイミングでしか可能性はないという現実。

  • 今の年収から100万以上ダウンしてまで今の職場を辞めたいのか?
  • 全てに満足が行く会社および職場なんてあるのか?
  • 今までが恵まれすぎていたのではないか?

今一度よく考えなければなりません。

 

久しぶりに妻へ相談してみた

普段は仕事関連の相談をあまり妻へしないのですが、久しぶりに状況報告含めて話をしてみました。

妻から返ってきた言葉が答えになりました。

「今の会社の新しい場所でとりあえず1年やってみたら。年収下がるの嫌だし。」

まあ、後半部分はひとまずスルーしておきましょう。

「とりあえず1年間」

時にこのような「とりあえず」って大切なのかもしれないですね。

f:id:retire60:20200726163337p:plain

そして、今回転職活動を再開しようと思い立った異動の件。

管理職からは外れ、窓際という雰囲気ですが、実は年収は全く変わらない。

つまり、

負わされる責任が少なくなり、年収はそのまま。

妻曰く

「むしろラッキーじゃない?休みは本当に仕事忘れてのんびりできそうだし。」

負わされる責任、管理職としての仕事量、それらから解放され、給与は据え置き。

自分自身のやりたいことに今まで以上に時間を費やすことが、収入が変わらずにできるというのは、傍から見ると恵まれていると見えるようです。

妻には、休みの日もどこかで仕事のことを考えているのが分かっていたのかもしれません。

 

皆様にお詫び

このような具合で、あっけなくアラフォー転職活動を諦めることにしました。

本当に申し訳ありません。

  • 妻からの「とりあえず1年間」という言葉
  • 岩田松雄氏の書籍で書かれている「逆境でも一所懸命に頑張る」こと

改めて考えさせられました。

そして、せっかく時間にゆとりが出来そうである。

Twitterやブログ、YouTube、投資、資格の勉強など、自分のやりたいことにいっぱい時間を費やそう。

恐らく次に転職を考える時は「独立」しかないかな~とも考えています。

現在の年収である程度余裕を持って楽しく生活はできるレベル。

可愛いフレブル姉妹にも幸せな生活を送らせることもできる。

今の生活に全力疾走をしていきたいと思います。