無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

PayPayボーナス運用はデイトレに向くのか?向かないのか?

PayPayロゴ

最近は資産運用が非常に注目を集めています。

電子マネー、バーコード決済などが一気に普及し、その還元されたポイントを運用するというものも非常に多くなりました。

むしろポイント運用が当たり前の時代に突入しています。

学校でも投資についての勉強も始まるとか。

そこで今回は、私が愛用しているPayPayボーナス運用について、新しく追加された機能の話も少し交えながら、

PayPayボーナス運用のデイトレ

について考えていきたいと思います。

私の運用実績も公開しています。

PayPayユーザー必見の記事ですので、是非最後までご覧ください。

 

PayPayボーナス運用でデイトレがやりやすくなった!

2021年4月7日から「PayPayボーナスの利用設定」ができるようになりました。

今までは決済時にPayPayボーナスから優先して支払われていましたが、これからはPayPayボーナスの利用方法が以下の3種類から選択できるように変更されました。


f:id:retire60:20210407222451j:image

f:id:retire60:20210407222455j:image

f:id:retire60:20210407222459j:image

この中で「貯める」の機能が追加されたことがデイトレにとっては大きい!

「貯める」機能が搭載される前に、私もPayPayボーナス運用でデイトレを試みたことがあります。

その時は、常にバーコード決済時にPayPayボーナスを消化してしまわないように注意しながらの買い物。

お出かけをしても神経をすり減らし、苦痛でしかありませんでした。

しかし、今回の改良によって、「神経をすり減らす」ということがなくなります。

それだけでもだいぶストレスが軽減されるはずです。

PayPayボーナスの投資コースもスタンダードコースとチャレンジコースの2種類があるので、楽しみながらデイトレができるかもしれませんね。

しかし、それで資産を増やすことができるのでしょうか?

 

<重要>PayPayボーナス運用はデイトレに向かないの?

それでは今回のメインテーマに移っていきましょう。

いきなりですが、

PayPayボーナス運用はデイトレには向かない!

というのが、私がデイトレ実践を通して得た結論です。

それには理由が3つあります。

ひとつずつ説明をしていきます。

理由①:連動先が「S&P500」だから

PayPayボーナス運用には2つのコースが用意されています。

それぞれのコースで連動するETF銘柄が決められています。

PayPayボーナス運用質問
こちらのスクショはPayPayボーナス運用の「よくある質問」から抜粋。

どちらのコースも「S&P500」に連動します。

チャレンジコースはスタンダードコースの3倍の値動き。

もしデイトレをやるとしたら、チャレンジコースでの運用が必須。

しかしながら、S&P500の値動きを確認するとこんな感じです。

S&P500

ここ2年間の間の値動きを見ると一度大暴落をしています。

2020年3月前後。

新型コロナウィルスで世界中が大混乱に陥った時期です。

しかし、その前もその後も堅調に伸び続けるS&P500。

この先の未来のことは誰も正確に予想することはできませんが、安定して伸び続けるS&P500でのデイトレは資金を抜いている間に成長してしまつという可能性が高いのです。

その為、デイトレより長期積立の方が向いているETFということになります。 

 

理由②:1営業日中の値動きの幅が少ない

先程の理由①では2年間という長期スパンで値動きのグラフを確認しました。

それでは1営業日の中での値動きは実際にどうなのでしょうか?

とある5営業日分の高値(左)安値(右)、安値基準での上昇率をみていきましょう。

  • 2021/3/22 3955.31 3914.16 1.05%
  • 2021/3/23 3949.13 3901.57 1.22%
  • 2021/3/24 3942.08 3889.07 1.36%
  • 2021/3/25 3919.54 3853.50 1.71%
  • 2021/3/26 3978.19 3917.12 1.56%

仮に、

その日の最安値でINをして、最高値でOUTできた

という奇跡的なデイトレができたとした場合は、上記のパーセントがスタンダードコースで得ることができる利益。

その3倍のがチャレンジコースで得ることができる利益。

ちなみに、私のような平凡なサラリーマンが徹底して自動追加のみで半年間積み立てたことができたのが30,000円強。

  • 半年間ボーナスを使わずに我慢し、
  • その後PayPayボーナス運用でデイトレをし、
  • 毎回奇跡的なタイミングでのトレードができた

として、利益を計算してみるとどうでしょうか?

もしそこまでやるのであれば、もし奇跡的なタイミングでのデイトレができたのならば、恐らく株式や為替の方が 断然儲かります。 

 

理由③:動かせる額が小さい

PayPayボーナス運用は、PayPayボーナスを運用します。

現金を運用するわけではありません。

そうなると、PayPayを使って決済をした際にもらえる還元分のみが運用の対象となります。

そうなると、通常の証券口座やFX口座などのように、お金を振り込んで運用額を増やすということはできません。

あくまで買い物などでのバーコード決済を通して得られる還元分のみ。

上記の理由②でも少し触れましたが、私のような平凡なサラリーマンが、できる限り高還元を狙い、あまり無駄遣いをせずに生活をした場合に貯めることができるPayPayボーナスはあの程度です。

実際のスクショはこちら。

PayPayボーナス運用画面

この記事を作成していた日時のスクショです。

  • 追加した額は33,416円
  • 運用損益は+9,219円
  • 自動追加設定を最初にして、その後は放置

何も気にせず、値動きに左右されずやってきた結果がこれです。

PayPayボーナス運用でのデイトレで同じだけの利益を出すにはどれだけの時間と手間をかけなければならないか。

考えてみるとわかりますよね。 

 

私が得た結論

一時期、PayPayボーナス運用でデイトレ実践をし、一度リセットしてから約半年間。

ただひたすら自動追加機能で積み立ててきました。

先程も記載していますが、半年間で33,000円程度のPayPayボーナス追加で、運用損益は+27%程度で+9,000円の利益。

これまでの経験から、私はPayPayボーナス運用で最も適した考え方が

増える小銭貯金

であると確信しています。

連動しているETFの銘柄は恐らく世界的に見ても非常に安定した銘柄です。

それを対象にデイトレをするというのは正直もったいない気がします。

やはりデイトレは株や為替でやるのが良いでしょう。

PayPayボーナス運用は、

複利効果が得られない

というデメリットはありますが、非常に優秀なETFへの投資であり、今後も安定した運用損益を出してくれるはずです。

ですから、日々少額を積み立てていき、 

銀行の利子よりは良い

という程度に考えてPayPayボーナス運用を利用していくのが良いでしょう。

ページトップへ

★★カテゴリー★★