無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

鈴木敏文・変わる力【読書で響いた文言集㉗】

表紙

こんにちは!

最近、連続投稿に力が入りすぎており、初心を忘れ始めていました。

正直、反省です。

読書から学ぶことが第一。

その学んだことを共有するこの記事が第二。

様々な経営者の方が共通して言っていること。

手段と目的を間違えてはいけない

気持ち新たに、改めて読書記事を作成していきます。

ということで今回はこちら!

<タイトル>

変わる力-セブン-イレブン的思考法うー

<著者>

鈴木敏文

はっきり言って、本当に強い経営者です。

心が強い!

その徹底ぶりに学ぶことが多くあります。

それでは早速いってみましょう!

 

はじめに

  • 変化から「次」を予測し、どう「対応」するか、ここまで考えを巡らせてやっと新しいビジネスの芽は生まれます
  • 新しい発想を生むのが変化なら、変化はチャンスです
  • チャンスを実現させるために必要なのは才能ではありません。今の仕事のやり方でいいのかという問題意識と、どうすれば前へ進めるかと物事を掘り下げていく思考力だ
  • 変化対応力がなければ生き残っていけない時代がやってくる

第一章 「常識」を否定せよ

  • 何がなんでもまっとうする。それが仕事というもの
  • やるべきことを地道にやっていけば、道は開ける
  • そのときそのときで、ひとつの仕事に集中して判断する―人間、時間をかければいい仕事ができるというものではありません
  • 己の欠点を受け止め、改善する努力を怠らず、新しいことに挑戦し続ける。そうした地道な取り組みなくして、継続的な成長はない
  • ものの見方にはさまざまな角度があります。また、時代も移り変わります。常識が、常に正しいとは限りません

 

第二章 過去の経験にとらわれるな

  • 目を離してはならないのは、競合他社ではなく、変化する「お客様のニーズ」です
  • お客様のニーズの変化に対応し、自らも変わる努力をする
  • 商売というものは、基本を忘れずコツコツやっていく地道なものですが、地道に粘り強くやれる強靭な精神があるからこそ、いざというときに独創的なイノベーションに挑む力を発揮できるもの
  • 自分が関わっている業務内容について、何を聞かれても即答できてこそ「気持ちが入っている有望なものだ」と、判断できる
  • 情報の中に身を置く
  • 時代が変化すれば、こちらも変わらなければいけない
  • 話をするという行為によって自分の頭の中がフル回転し、ふだんとは違うひらめきを引き起こすことができる
  • 達成できる確信もなく、展望があいまいなまま数値だけを掲げたのなら問題です
  • 日々、何をすべきかと考え、それに向けて解決しなければならないことを洗い出し、ひとつひとつ問題をつぶしていくといった、地に足のついた仕事に専念すること

 

第三章 みんなが反対する事は成功する

  • 周囲が反対することは成功する
  • 質が伴わない事業に、お客様はつきません
  • お客様の視点で「ニーズに合うか」と考え抜き、やると決めたからには最後までやり遂げる
  • 歩いていく道はいばらの道かもしれませんが、確かなニーズがある以上、挑戦する価値はある
  • 事業を達成まで導く場合、メンバーそれぞれが「やるべき価値」に気づくことが成否を左右します
  • こちらが真剣であればあるほど、必ず熱意は相手に伝わるもの
  • 新しいことを始めるときには、「まず、何が必要なのか」を見極める力が重要

 

第四章 人間求めるのは「質」である

  • 変化に応じて、何をすべきか考えれば、おのずと答えは出てきます
  • 価値が感じられない商品は、継続してお客様に手に取ってもらえません
  • 過去の商売のやり方にとらわれていては、企業は成長できません
  • いつもお客様のニーズの変化をとらえて仮説を立て、手を打っていかなくては、私たちは存続していけない
  • 相手を信頼し、緊張感を持って接すること
  • 売り手、作り手の「○○だから」という言いわけは、お客様には通用しません
  • 培ってきた技術に満足してしまうことなく、変化に応じて新しくチャレンジすることで、結果は出るもの
  • ビジネスが次の段階へ上がるには、いかにお客様に対して「攻めの商売」へと変われるかにかかっています

 

第五章 消費は心理

  • ものが売れない、商売がうまくいかない理由はひとつです。時代や消費者のニーズの変化に対応した仕事のやり方ができていないから
  • 利益を上げる特効薬はありません。常に問題意識を持ち、最初の「仮説」をきちんと立てられるかが鍵です。そのために、世の中の変化を敏感に察知する嗅覚を磨いていかなくてはいけない
  • 常に問題意識を持って社会を見つめなければ「本質」は見えてこない
  • 「お客様のために」ではなく「お客様の立場で」考えました
  • 変化をとらえ、これから自分たちがどう社会と関わっていくべきかを考えるときは、自分たちの都合や利益重視で考えず、常に「お客様の立場」で物事を判断できるかで、企業が生き残れるかどうかが決まります。
  • 緊急事態のときほど、企業がこれまで歩んできた姿勢が試されるときはありません
  • いくら組織が大きくなろうとも、目指すひとつの方向を皆が理解していれば、一丸となり、自分たちがやるべき道は拓けていくもの

 

第六章 経営は「朝令暮改」が当たり前

  • 変化の多い時代こそ、経営は「朝礼暮改」でいいのです
  • リーダーこそ、小さな変化にいち早く気づき、即座に最適な計画に変更できる能力が問われる
  • 自ら考える力が、これからの商売には重要
  • 昨日を基準にしていては、今ある壁を打開し、明日をつくる発想は出てきません。明日への発想があって初めて挑戦することができます
  • 「便利」はビジネスになる
  • 単なる「便利」を超えた“顔の見える安心感“が、積極的な消費行動につながり、買い手と売り手の間は、より強い信頼関係で結ばれる

第七章 基本は「変化対応」

  • 奇策を打ち出して一時的に利益が出たとしても、本業を軸に地に足のついた商売に努めなければ、企業が存続していくことは難しい
  • 本気で再起を願うなら、一度すべてをぶち壊すくらいのすさまじい改革をしなければ、どうにもならない
  • 「あるべき姿」の仕事のやり方を続けていれば、成長し続ける企業へと転換することができる
  • 時代時代のお客様のニーズの変化を見誤らなければ、「売れるものづくり」を続けていける
  • 何事も、これでいいと妥協した時点ですべては終わってしまう

 

終章 「これから」の道

  • 「変化対応」している限り、自ら市場を掘り起こし、成長できる

おわりに

  • やるからには、最後までやり遂げる姿勢が大切

 

いかがでしたでしょうか?

鈴木氏の書籍は今回が3冊目となりましたが、やはり一貫して伝えていることがあります。

それを身にいつけられたビジネスマンとしてどれだけ強くなれるか。

これからも日々研鑽です。

<書籍の検索や購入はこちらから>