無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

メニューへ

【週報】PayPayボーナス運用 2021年1月⑤

 【目標】

PayPayボーナス運用額・日本一へ!

PayPay
こんにちは!

先週は爆益モードへ突入していましたね。

と言っても、複利の効果はありませんので、単純に増えた減ったの攻防戦。

↓前回記事はこちら↓

ここ最近は、運用利益率が+17%→+9%→+16%と乱高下。

さすがはチャレンジコース。

ハイリスクハイリターンとはまさにこのこと。

さて今週はどのようになっていくのか?

爆益継続か?それとも一度ダウンか?

 

小銭貯金感覚で日本一を目指して!早速行ってみましょう!

 

状況報告

<前回>2021年1月23日(土)

PayPayボーナス運用


<今回>2021年1月30日(土)

PayPayボーナス運用

 

★総額★

14,979円→14,254円へと725円の減少

★追加した残高総額★

12,910円→13,627円へと717円の増加

★運用利益★

2,069円→627円へと1,442円の減少

★運用利益率★

16.03%→4.60%へと11.57%の減少

 

きました!ここでの大暴落!

やはりチャレンジコースなので、大きな影響を受けます。

ご覧になっている皆様も教訓として覚えておいてくだしい。

投資に「絶対」はない!

良いときもあれば、悪いときもある。

今回の暴落については、まだ含み益状態でいること。

ドルコスト平均法ではありませんが、毎日、小銭をコツコツ入金。

恐らくそれが功を奏しているということでしょう。

しかし、リスクを取らなければリターンはない!

日々勉強あるのみですね。

 

2021年2月1日に社名変更

ちょっとだけ余談。

1月29日付で正式にご案内が来ました。

OneTapBUYからPayPay証券へと社名変更。

「PayPay」というブランドがここでまた大きく進化することになるか。

PayPayボーナス運用お知らせ


私は証券会社はネオモバイル証券だけで運用していますので、今のところ乗り換えるつもりはありませんが、今後のサービス展開次第で考えるかも。

お得であることと使いやすいこと。

もしかしたら2社平行利用を考えても良いかもしれません。 

 

S&P500の値動き

<前回>2021年1月23日(土)

S&P500

 

<今回>2021年1月30日(土)

S&P500

 

まずはいつも通り、S&P500の各日程の終値を確認。

3,841.47→3,714.24へ127.23の減少

前回基準伸長率は▲3.3%ダウン

 

やはり、この1週間で大きく下げてしまったという状態。

チャレンジコースは3倍で推移するので、単純計算で10%減!

実際には11%程減少しています。

要は、値が高い時に少し多めに入れていたという具合でしょう。

前回のような爆益モード、そして今回の大きなダウン。

投資は一喜一憂しやすいですが、やはり方針をブラすことなく、強い意志で継続することが大切でしょう。

まだまだチャレンジコースにひたすら自動追加。

やっていきますよ!

 

S&P500上位3銘柄の状況確認

それでは、前回同様に上位3銘柄の動向について確認をしていきます。

※Yahoo!ファイナンス参照

<アップル>

139.07→131.96

アップルの前回基準伸長率は▲5.1%

<アマゾン>

3,292.23→3,206.20

アマゾンの前回基準伸長率は▲2.6%

<マイクロソフト>

225.95→231.96

マイクロソフトの前回基準伸長率は+2.7%

 

マイクロソフトは頑張りましたが、第一位のアップルと第二位のアマゾンが減少。

S&P500減少の要因はアップルの影響が大きいですね。

ここのところアップルは伸び続けていましたが、大きく減少したことに、ほんの少しだけですが心配も。

ただ、超優良な米国企業株のアップル。

まず間違いないでしょう。

改めての記載になりますが、投資はリスクを伴うもの。

軽い気持ちで始めるのもOKですが、リスクを理解した上でリターンを狙いに行きましょう!

それではまた来週お会いしましょう!

 

ページトップへ

★★カテゴリー★★