無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

2回目のウェビナーをやってみた

ウェビナー

こんばんは!

先日、zoomを利用したウェビナーの2回目を本業で開催。

初回はzoomの「ウェビナー機能」を利用。

今回は敢えて「ミーティング機能」でやってみました。

zoomの機能説明については、他のサイトにお任せするとして・・・。

今回は、ウェビナーをやる上で大切な点や、今回発生した「まさかのトラブル」をご紹介します。

これから初めてウェビナーに挑戦するよ!

という方は必見です!

また、セミナーをつくる上での重要なポイントも確認できると思います。

それでは早速いってみましょう!

 

ウェビナーで大切なこと2点

最初に大切なこと2点を明記。

  • セミナーのストーリーを作りこむ
  • 運営スタッフを育てておく

この2点なくして、ウェビナーの成功はあり得ません。

それでは、1つずつ説明していきます。

セミナーのストーリーを作りこむ

セミナーにおいてストーリーはとても重要です。

ある意味、短編小説を書くようなもの。

参加者に伝えたいことを

「強烈なもの、強烈な想い」

に昇華しておかなければ、対面式のセミナー以上に伝わらないのがウェビナー。

対面式のセミナーであまりにも強烈すぎるとやや問題も。

その場の雰囲気や話者の風格、身振り手振りなど、様々な要素を組み合わせて参加者に伝えたい内容を伝えることができる一方、緊張感もそれなりに発生します。

緊張感も良い面と悪い面があるので、あまりに強烈すぎると参加者が引いてしまうということもあり得ます。

それに対してウェビナーでは、画面共有などで資料や操作方法など、便利に様々なものを見せることができます。

しかし、その反面、話者の風格や身振り手振りなどを伝えるのは、対面式より劣ってしまいます。

さらにその場の雰囲気などはありません。

一番リラックスして参加できる状態で、参加者は視聴しているのですから。

なので、ウェビナーにおいて、セミナーを通して参加者に伝えたい内容は、対面式セミナーより強烈なものにしていなければ伝わりません。

また、それを伝えるための流れ、起承転結、ストーリーが誰でも納得するものでなければならない。

「無料セミナーだからこの程度でいいか」

なんて思ってたら、何も伝えることはできず、むしろ自分、そして勤め先の評判を落とすことになります。

それなら、やらない方がましです。

「有料セミナーにしても良いくらいの完成度」

を目指すこと。

これはウェビナーだからというよりは、セミナーを開催する上で必要なことです。

 

運営スタッフを育てておく

ウェビナーは話者一人で開催することは難しいと思われます。

様々なトラブルが発生することを考慮して、セミナー途中でも対応できるスタッフを用意することが必要です。

そして今回実施して感じたのは、

運営スタッフの力量で、話者のしゃべりやすさが変わる

ということです。

今回のウェビナーでは、話者&メイン操作は私、他に2名のスタッフを配置しました。

初めて実施した時と同じメンバーで、3名とも2回目のウェビナー主催。

スタッフ2名にお願いしていたの以下の内容です。

  • 入退場の確認管理
  • 参加者の状況(ミュートやカメラ状況)
  • チャットによる質問対応
  • 話者の音声確認(音飛びや通信状況の確認)
  • 画面切り替え後の状態(正しく反映されているかどうか)
  • その他トラブル発生時の解決

そして、今回、このスタッフ2名の頑張りで、私は何も心配することなく話者とメイン操作に集中することができました。

特にポイントなのは、音声確認や画面切り替え時に問題ながなければ

うなずく

ということ。

ウェビナーですので、声で成否を伝えることはできません。

だからこそのうなずき。

これってとても大切ですので是非参考にしてください。

 

まさかのトラブルが発生!

さて、今回のウェビナーで、まさかのトラブルが発生しました。

最初の設定の時に、

ミュート操作をホスト以外禁止

の設定にしておけばよかったと後悔。

これにしなかったのは、

最後の質疑応答の際に音声でやり取りすること

を想定していたため。

それではいったい、どのようなトラブルが発生したのか?

実は、他営業所の社員が「興味があるから参加したい」ということで参加してもらっていました。

もちろん入場時にはミュート、ビデオオフの状態。

しかし、なぜかウェビナー途中でミュートをその社員自ら解除。

そして、その社員がいる営業所のインターフォンが「ピンポーン」。

話者である私の声は一瞬跡切れ、ウェビナー内でインターフォン音が。

運営スタッフ2名に「???」。

と同時にスタッフ1名が即座に発見してミュートへ。

ウェビナー終了後に即その営業所に連絡。

へらへらしてたので、ことの重大さを責任者に伝えて、きついお仕置き(笑)

味方だと思っていた自社の社員が実は敵だったという、まさに背後からの攻撃でした。

 

3回目に向けて

今回発生したミュートトラブルは2月に実施予定の3回目のウェビナーではきっちりと対策する予定です。

また今回のウェビナーアンケートでは平均点が10点満点中、7.9点でした。

満足いただけた方もいれば、そうでない方も。

私が目指す平均点は9点台。

参加者すべての方に満足頂けてこそ、本当に価値のあるセミナー。

次回は2月中旬予定ですので、また実施後にブログにしたいと思います。

 

最後までご覧頂き誠にありがとうございました!