無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

松阪まるよし・松阪牛ビーフジャーキー【ビーフジャーキーレビュー⑨】

こんにちは!

定期的にお取り寄せビーフジャーキーを注文し続け、今回で第9回目のジャーキーレビューとなります。

以前の神戸牛に引き続き、今回もブランド牛のビーフジャーキーとなります。

期待に胸が膨らみます!

 

さて、今回のレビューは

松阪牛専門松阪まるよし・松阪牛ビーフジャーキー

それでは早速まいりましょう!

 

購入先

Yahoo!ショッピング

さて、今回も毎回同様のYahoo!ショッピングでお買い上げ。

今回もグラム単価を計算していきます。

  • 税込1,296円
  • 送料税込950円
  • 合計2,246円
  • 1パック30g
  • 1gあたり74.9円(送料込)

送料含めてとなりますが、恐らく過去最高のグラム単価となります。

それだけに本当に期待が膨らみます。

実は届いてから1週間強の間、手を出せずにいました(汗)

妻と私の両方がお休みの時に食べようということで、その日まで待ったということです。 

 

パッケージ

パッケージ表
パッケージ裏

つづいてパッケージです。

手触りとしては和紙の感じがあり、値段に負けない高級感をしっかりと醸し出してくれています。

だいたい、高級なものを購入すると、ただ商品が届くだけなく、それ以外のもの、つまり宣伝であったり、お手紙であったりが同梱されています。

そして、今回はこちらが同梱されておりました。

同梱物

こちらはお買い上げありがとうございますの手紙です。

それなりの金額をしただけあって、ちゃんと手が込んでます。

このような気遣いは、日頃の本業にも活かすことができるパフォーマンスではないかと思います。

とても勉強になります。

 

中身の実物

中身①
中身②

外袋を開封すると、なんと中でビニールパッケージとお店の宣伝が入っておりました。

写真からはわかりずらいですが、このビニールパックの時点で、肉本来の脂でかなり手がベトベトするなという予想はつきます。

それでは、いよいよビニールを開封致します。

中身

中身はこちらのように、赤身の部分とカルビっぽい部分が入っています。

脂の部分は見てわかる通りですが、牛脂が固まって白いものが付着しています。

最初驚くかもしれません(私は驚きました)。

ただ、人体には影響なく食べることができます。 

 

食レポ

いよいよ食べました。

正直、びくびくしながら食べましたよ!

過去一番のグラム単価ですから。

まず、肉独特の香りがしっかりします。

食欲をそそるような香りです。

カルビっぽいところは、正直、もたれました(年齢のせいもあるかも)。

味はしっかり「牛」という感じが出ています。

赤身の部分も噛めば噛むほどに味わいが出てきます。

しかし、何というか、個人的には「カルパス」のような印象を受けました。

妻は私より随分若いので、難なく食べて「美味しい」と連呼していました。

アラフォーの私にとっては、正直重かった印象。

お酒のつまみには最高です。

本当に細かく、少しずつ、味わって食べることをおススメします。

何といっても高級品。

それ以上に、勢いよく食べてしまうと、やはりもたれてしまいます。

おすすめの食べ方は、あらかじめ細かく切り刻んで、4人くらいでシェアしながら香りや味を楽しむというのが良いでしょう。

以上、今回の食レポはここまでとします。

最後までご覧頂きありがとうございました。 

<ビーフジャーキーの検索や購入はこちらから>