無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

気管支炎喘息の通院 2021年1月9日

通院

こんにちは!

2021年1月9日(土)・快晴の東京都田舎町!

今回は久しぶりに病院に行ってきました。

体調不良ではなく、気管支炎喘息の薬を処方してもらうため。

アトピー性皮膚炎と気管支炎喘息の病院を分けて通院しているのですが、気管支炎喘息の病院は、土日祝でも診察対応をしているということで通院しています。

サラリーマンだと有給休暇を利用して平日に通院という選択肢もありますが、有給休暇はできる限り他の理由で使いたい!

できれば自己研鑽などの時間に充てたいと思っています。

さて、今回の通院状況や処方薬について日記に記していきます。

 

今回の診察状況

1都3県では緊急事態宣言が2020年に続き再度発令されました。

不要不急の外出は控えなければいけませんが、通院は仕方ないので行くことにしました。

待合室は、土曜日の朝一ですが、そこまで混んでいませんでした。

受付を済ませて待っていると、受付の方がこちらにきて、

「体調不良がなく、お薬だけの方は診察無しで処方箋だけとなります。緊急事態宣言中ですのでご理解ください」

まあ、仕方ないですよね。

私としてはお薬がもらえればよかったので全く問題なし。

ということでお会計へ。

ん?

診察料バッチリ取られています!

診察がなくても診察料は取るものなのね。

診察したということにしているのか。

ここだけは何か微妙な感覚になりましたが、緊急事態宣言ですので我慢するしかなさそうですね。

ということでお会計を済ませて薬局へ。

 

今回の処方薬

今回頂いたお薬は、基本的には前回同様の内容です。

写真はこちら。

処方薬

飲み薬はアレルギーを抑える薬です。

右下のオレンジ色のお薬「モンテルカスト錠10mg「KM」」が重要なようです。

1日1錠の処方。

また、気管支炎喘息には欠かせない吸引薬の「レルベア」。

これは私自身も効果を実感しているので、これがなくなるとキツイ状態になります。

基本的に完治がない病気なので、診察料や薬代は

生きていくための税金

と考えるしかありません。

その分、いっぱい稼いでやる!という気概で日々過ごしていきたいと思います。 

 

帰りがけに

病院の帰りがけに、地元のクリーニング屋さんに寄っていきました。

いつも通りスーツを出して、お会計。

今日はパートの方の機嫌が良かったのか、期限切れの割引券も適用してくれました。

「今回だけ特別に引きますね」と。

ありがとうございます!

そして、年始ということもあり、柔軟剤のソフランを頂きました。 

お年賀

ちょっとしたことですが、心温まる対応。

日本の文化っていいですよね。

こういう日本の心をなくさずに守り続けていくことも、我々の使命なのかなと思った一日でした。

 

今月中旬にはアトピー性皮膚炎の方の通院も控えていますので、また更新させて頂きます。