無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

【長期積立】PayPayボーナス運用は資産形成相反??週報特別編

PayPayロゴ

こんにちは!

今日はPayPayボーナス運用について書いていきます。

PayPayボーナス運用は非常に優れた積立型の「疑似投資」のシステム。

疑似投資でありますが、実際に投資したPayPayボーナスが増えたり減ったりします。

残念ながら「疑似」ですので、分配金や配当金などはありません。

つまり、複利効果は得られないというもの。

それでも私が続けている理由は

小銭貯金の延長で資産が増える可能性がある

という考えを持っているから。

しかし、継続していくにつれて、

利益相反(正確には資産形成相反)に陥る可能性があるのではないか

と思うときがありました。

それは何故か?

それについて以下に記載していきます。

 

PayPayボーナスとは?

まずは、そもそもの「PayPayボーナス」というものについてご紹介。

PayPayボーナスとは主に、

PayPayで支払いをしたときに還元されるもの

です。

昔は最大3%という時もありましたが、最近では最大1.5%の還元となっています。

Yahoo!ショッピングなどで、「●%還元」と記載されていますが、あれは、

PayPayボーナスライト

で還元されるものがほとんど。

このPayPayボーナスライトは、PayPayボーナス運用に使うことができません。

ちなみに、自分で入金したPayPayマネーやPayPayマネーライトなども運用に使うことはできません。

純粋に「PayPayボーナス」のみが使用できます。

過去に以下のような記事を投稿しました。

日頃自分が利用してるPayPayの金額から20年間同様に使用していく場合を計算すると、簡単にゴールが見えてしまうという内容。

複利効果が得られませんので、ほんのお小遣い程度の金額が20年後に増えている可能性があるということ。

また日々小銭を貯金するという感覚なので、自動追加にしておけば自然と貯金ができるというものです。

実は、PayPayボーナス運用に対しては

投資ではなく、あくまでも貯金である

という感覚が大切になってきます。

 

資産形成はINを大きくOUTを少なく

PayPayボーナス運用はあくまでも小銭貯金の延長線。

つまり、

資産形成と考えるのにはやや力不足

という感が否めません。

私としても、もし20年間継続できたら、

そのPayPayボーナスで少し豪華な旅行へ夫婦で行きたい

と考えているという程度。

まさに「ボーナス」いや「退職金の一部」的な印象。

さて、そもそも資産形成というものの鉄則は、

  • 入金力を上げること
  • 浪費を少なくすること

なんとなく、稲盛和夫氏が提唱している

  • 売上げは最大に
  • コストは最小に

という企業経営の理論に近しいものがあります。

PayPayボーナスはあくまでもPayPayを使わないとGETすることはできません。

PayPayを利用した分に比例してボーナスが付与されます。 

つまり、消費をしなければボーナスは付与されません。

ボーナス目的での衝動買いに走ってしまうと、資産形成になりません。

無駄遣いをしないことが資産形成のポイントの1つです。

それでは、どのようにしてPayPayボーナスを効率良く貯めていくか。

次にその点について記載していきます。

 

生活費をPayPay支払いに!が理想

PayPayボーナスを獲得するための消費は資産形成から遠ざかります。

PayPayボーナス運用で大切な考え方は、

  • 自動的に小銭貯金が進む
  • 小銭貯金が増えたらラッキー

この2点が大切。

それでは、どのようにすれば無駄な浪費をせずにPayPayボーナスを貯めていけるか。

まずは

還元率を最大の1.5%になるようにする

これは日常的にPayPayを使える環境であればそこまで難しいことではありません。

  • 支払い回数50回
  • 支払い金額100,000円

これを達成すれば良いのです。

私はできる限りPayPayが利用できる店舗を利用しています。

例えば、

  • ドラッグストアをウェルシア利用(Tポイントもゲット)
  • 外勤中に利用するコンビニはファミリーマート重視(Tポイントもゲット)
  • 愛犬のエサや消耗品・おもちゃはYahoo!ショッピング利用(Tポイントもゲット)
  • 固定資産税もPayPayでお支払い

他にもいろいろありますが、PayPayがスタートしたころに比べて、利用できるお店が格段に増えました。

最近では夫婦で良く行く「ららぽーと」もほぼ全店舗でPayPayが利用できるようになりました。

ここまで拡大してくると、

いかにPayPay以外での支払い機会を減らすか

ということになってきます。

自分の生活の中にPayPayをうまく入れていくことが必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バーコード決裁の種類は非常に多くなりました。

言い出したらキリがないくらいですかね(言い過ぎかもしれません)。

どのバーコード決裁であっても、還元などのお得イベントはたくさんあります。

しかし、その特典に踊らされて、多くの決済方法に分散してしまうのはいかがかと思っています。

恐らく、私の考えとしては、2~3種類くらいに留める方が良いかと思っています。

大切なことは、

支出を管理すること

これが出来なければ資産形成は難しいです。

その為、私はバーコード決裁はPayPayのみにしています。

そうすることで、使い過ぎ、浪費しすぎということが見えてきます。

バーコード決裁の種類を絞ることは、節約への第一歩となるでしょう。

ページトップへ

★★カテゴリー★★