無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

神戸元町辰巳屋・神戸牛ビーフジャーキー【ビーフジャーキーレビュー⑤】

こんにちは!

今回は第5回ジャーキーレビュー。

記念すべき?5回目ということで、かなりの高級品に手を出しました。

正直購入するかどうか、本当に迷いました。

送料無料が後押ししてくれているのは間違いありませんが、それでも今回の商品はとても高い!

失敗したらどうしよう・・・。

そう思いながらも、挑戦せずに後悔をしたくないと思い、ご注文。

今回のレビューは

神戸元町辰巳屋

神戸牛ビーフジャーキー

それでは早速まいりましょう!

 

購入先

神戸牛ビーフジャーキー購入画面

今回もYahoo!ショッピング&PayPay支払いのコンボでご注文。

PayPayボーナスが確かに返ってきますが、それでも本当に躊躇する金額。

  • 税込2,592円
  • 内容量40g
  • 送料無料
  • 1gあたり税込64.8円

この1gあたりの金額がすごい!

今までの2倍以上もするお値段。

購入画面に書いてある通り、内祝いなどのお祝い事の際に利用されることが多いみたいです。

我が家でのお祝い事は特にありません。

ただただ「食べてみたい」の欲求のみで購入しました。

高いお値段だけあってなのか、

日曜日午前に購入→月曜日夜にはポストに入っている

まさかの超スピード対応。

さらに、超丁寧な梱包。

これには正直びっくりしました!

お高いだけはある、と感じる神対応です。

 

パッケージ

神戸牛ビーフジャーキー表
神戸牛ビーフジャーキー裏

すこし写真からはわかりにくいかもしれませんが、袋は高級な紙素材が使われています。

金箔がちりばめられている(本物の金箔ではないかもしれませんが)状態。

間違いなくお祝い事に利用して問題ありません。

裏面には

神戸肉流通推進協議会 登録店

の丸いシールが貼られています。

正真正銘の神戸牛と証明されるものです。

このシールもまた、ご覧頂くとわかる通り、高級感を漂わせてくれます。

説明書き

袋を開けると、こちらのようなお店の紹介パンフも同封されています。

神戸牛に関しての知識が学べます。

そしていかに高い品質のものなのかが理解できます。

もう、この時点で購入してよかった、と思えてしまう状況です。

 

中身の実物

それでは中身についてご紹介します。

中身パッケージ

まず外袋を開けると、中で2つのパックに分かれています。

つまり、20gずつに分けて準備されています。

これ、食べてみるとわかるのですが、一度に40gを一気に食べることはできません。

値段もありますが、そもそもの・・・、次の食レポで記載します。

中身

実際にパックから中身を出すとこんな感じです。

1つ1つはもちろんそこまで大きくありません。

写真をよくご覧頂くとわかると思うのですが、サシが入っています。

食レポでも記載しますが、見ただけでも高級な肉感が感じ取れる状態です。

結構べたつきますが、これは味付けのものではなく、恐らく肉本来の脂からくるものだと思われます。

食べるときにはお手拭きも一緒にご用意ください。

 

食レポ

それではいよいよ食レポです。

まず、これを食べてしまうと、

他のビーフジャーキーで今後満足できるかどうか

というくらい、ものすごく柔らかくておいしい。

ただ単に噛み切りやすいということではなく、ビーフジャーキーでありながら、肉本来の持つ柔らかさを体感できます。

また、肉からこぼれ出る肉本来の味わい。

何か味付けをした味ではなく、肉からにじみ出てくるものを体感できるでしょう。

そう、肉本来が持つ甘み。

まさかビーフジャーキーでこれを体験できるとは!

今回も妻と2人で1パック20gを頂きました。

1人たったの10gです。

それでもビール1本は余裕でいけます。

それだけ本当の意味で、噛めば噛むほど味が染み出るもの。

これを食べずしてビーフジャーキーを語ってはいけません!

そして、お酒好きの方には間違いなく好まれる商品。

どんなところに持参しても間違いはありません。

是非皆様もチャレンジしてみてください!

<ビーフジャーキーの検索や購入はこちらから>

ページトップへ

★★カテゴリー★★