無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

メニューへ

宮内ハム・牛たんジャーキー【ビーフジャーキーレビュー③】

こんにちは!

今回は第3回となります。

過去2回はビーフジャーキーでしたが、今回は牛タンジャーキーを頂くことにしました。

牛タンは夫婦共々大好きな食品。

かつて仙台へ旅行に行ったときは、そこそこの金額を払って牛タンを頂きました。

その大好きな牛タンジャーキーがあるということで、迷わずご注文。

ということで、今回のレビューは

有限会社宮内ハム 牛たんジャーキー

それでは早速まいりましょう!

 

購入先

ヤフーショッピング

さて今回もYahoo!ショッピングにて購入。

  • 50g✕3パック=150g
  • 税込2,052円
  • 1パックあたり税込684円
  • 1gあたり税込13.7円

さて、内容量が多い分、他のジャーキーよりは1パックあたりは高め。

コンビニなどで手軽に購入できるものより高くなっています。

しかし、過去記事で紹介させて頂いているビーフジャーキーより、1gあたりの金額はほんの少し休めに設定されています。

豚たんを利用したジャーキーも様々なお店で販売されていますが、現時点では「牛」に拘って食レポなどを展開しています。

 

パッケージ

ビーフジャーキー
ビーフジャーキー

ご覧の通り、表面には何か商品名を表すラベルのようなものはありません。

質素な感じです。

簡易包装のように感じますが、ビニール自体はしっかりしたものです。

食塩だけでなく、醤油も利用しています。

それでありながら、べたつき感は特にありません。

 

中身の実物

ビーフジャーキー
1つ1つの大きさは牛タンというだけあって、そこまで大きなものではありません。

完全なハードタイプのジャーキーです。

醤油などを使っていますが、持った感じのべたつき感は特になく、さらっとしています。 

 

食レポ

味の濃さについてはやや薄味。

と思いきや、噛んでいくうちに素材のうま味がにじみ出てくる感じです。

途中、塩コショウの味も感じつつ、醤油の風味もあるので、パッケージなどの見た目からは想像のつかない深い味わいが楽しめます。

パンチ力を求める方にはやや物足りない感じがするかもしれませんが、もともとスルメなどが好きな方には最適です。

歯ごたえについては、他の部位のジャーキーよりやや硬めに感じます。

入歯や差し歯の方は食べる時に注意が必要です。

また噛めば噛むほど味が出てくるので、1切を食べるのにそこそこ労力がかかります。

※噛まずに飲み込んでしまったらもったいない!

その為、一人で一気に食べようとすると、顎が痛くなるので食べ過ぎには注意してください(笑)

ちなみに妻からは「食べやすい」という感想を頂戴しました。

女性にもおすすめできる逸品です。

パッケージがもう少し豪勢だとプレゼント用としても活用できると思います。

<ビーフジャーキーの検索や購入はこちらから>

ページトップへ

★★カテゴリー★★