カテゴリー一覧へ

【長期積立】PayPayボーナス運用 週報 第2週目

【目標】

PayPayボーナス運用額・日本一へ!

PayPay
こんにちは!

今回は第2週目PayPayボーナス運用の週報として記事を記載します。

↓前回記事はこちら↓

いよいよ年末が差し迫ってまいりました。

年末と言えばクリスマス。

そして年始にはお正月。

どちらもお金が出ていくチャンスが広がっています(笑)

お金を使うならPayPayで!

これを徹底することで、PayPayボーナス運用額の日本一を目指します!

このサービスは口座への入金力は関係ないというのがイイ!

  • どれだけPayPayを使ったかの勝負!
  • そして、どれだけPayPayボーナス運用に回すことができたかの勝負!

何年かかるかわかりませんが、徹底して自動追加を続けていきます。

状況報告

<前回>2020年12月5日(土)

PayPayボーナス運用

<今回>2020年12月12日(土)

PayPayボーナス運用

★総額★

5,766円→6,384円へと618円の増加

★追加した残高総額★

5,159円→5,949円へと790円の増加。

★運用利益★

607円→435円へと172円の減少

★運用利益率★

11.77%→7.31%へと4.46%の減少

なんと!

今回は大きく利益が減少しました!

まだ運用利益は含み益状態ですが、やはり下がるのは悔しいもの。

このあたりをしっかりと確認しておきたいと思います。 

S&P500の値動き

<前回>2020年12月5日(土)

S&P500

<今回>2020年12月12日(土)

S&P500

まずはそれぞれの終値を確認。

3,699.12→3,663.46へと35.66減少

確かに連動するS&P500は減少ですね。

減少率としては、12/4(金)の終値基準で考えると、

35.66÷3,699.12×100=0.96%の減少

これの3倍と想定しても、

0.96%×3=2.89%の減少

今回は4.46%の減少となっています。

つまり、今週より前の時点では、もっと高い株価の状態の時に投資しているということ。

逆算で考えてみると、

4.46%÷3=1.49%の減少

<結果>

仮想で保有しているS&P500が、今週では1.49%の減少。

約1.5%って、その割合だけに着目すると小さい感じがしますが、

投資の世界ではかなり大きな数字

と言うことができます。

こういう時もあるということを今回知ってもらえたら嬉しいです。

まとめ

今回の週報では

資産の減少

という結果になりました。

あくまでもPayPayボーナス運用ということで、実際のお金ではない投資になります。

投資には必ずリスクがついてきます。

そのリスクが資産の減少。

今回はPayPayボーナス運用ですから、その金額はたかが知れてます。

実際の投資ではもっと金額が大きくなるので、勝つ時も負ける時も大きな金額です。

これだけは言えます。

リスクなくして資産を増やすことはできない。

今回は残念な結果でしたが、まだまだ自動追加の運用を継続していきます。

来週の週報もお楽しみに!