無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

竹内一正氏・スティーブ・ジョブズ神の交渉力【読書で響いた文言集③】

表紙

こんにちは!
読書カテゴリーの第3回目となります。
私が読ませて頂いた本の中で、感銘を受けた文言を取りまとめていき、少しでもその本を多くの方に読んでもらえるように紹介します。
ルールとしては、「太字で明記されたものは記載しない」ということ。
太字は筆者の最も伝えたい部分。
そこは、ちゃんと本を購入して読んで頂きたいと考えています。
太字表記ではない中で、私の心に刺さる文言。
この記事に記載されている文言が、あなたの心にも刺さったのであれば、今すぐ本屋でこの書籍を購入してください。
それでは、今回ご紹介する書籍はこちら!

<タイトル>
スティーブ・ジョブズ 神の交渉力
<著者>
竹内一正 

 

第1章

  • ビジョンを信念で包んでしゃべるのだ
  • メッセージは、単にわかりやすく伝えるだけではダメで、熱意や感動を込めることが大切だ
  • プレゼンテーションの肝は「シンクロ」(同調化)である
  • 情報漏れは内部結束を弱め、企業を弱体化させて敵を利する

★書籍購入はこちらがおススメ!★
紙媒体書籍・電子書籍の両方を取り扱う国内最大級の品ぞろえ。

丸善・ジュンク堂・文教堂で使える「hontoポイント」も貯まります!

第2章

  • いいリーダーの条件は、過去のしがらみに左右されないことだ
  • ビジネスでは、まず手柄が最優先である
  • 人の評価は「何をなし遂げたか」で決まる
  • すごいモノを生む経験は、自分の能力を最大限に高めてくれる

 

第3章

  • やればできる
  • 団結するとチャレンジ精神がさらに鼓舞される
  • 一流と一流が激しくぶつかるとき、火花が飛び、新しいものが生み出され、高いゴールに駆け上がる
  • 両雄が並ぶことは、あり得ない。船長はただ一人でなくてはならない。
  • 同じ領域を得意とする二人ではなく、違った分野を得意とする者同士がタッグを組めば、1+1=2以上のみごとな成果を生み出すことができる

 

第4章

  • 相手を客観視できないということは、自分自身を冷静に見る余裕もなくなっていたということ
  • ビジネスでは、戦っている相手は日々変化する
  • 線引きをしている限りは、仕事の質を高めることは難しい。能力アップも起こらない。
  • ビジネスでは、恥をかくことこそ新しいチャンスと出会う第一歩である

 

第5章

  • 「常識」は人間が考えたこと。それを疑って打ち破っていくのが進歩だ
  • 大衆は創意を持たない批評家だ
  • 無能な経営者はお金に振り回され、有能な経営者は、逆にお金を振り回すのだ
  • お金は手段であって目的ではない
  • ピンチは嘆くものではなく、乗り越えるべきもの

 

第6章・第7章

  • 過去にこだわると大切なチャンスを逃してしまう
  • 成功の裏には意外な真実が眠っているものだ
  • 興味をもった一つ一つのことに熱中していけば、そのときは散らばっている点のような別々の存在が、将来にはつながり合ってすばらしい一つの大きなものとなる
  • 厳しい戦いに先陣を切って進んでいく情熱が、トップには必要である
  • 自分の心と直感に従う勇気を持つことだ
  • ハングリーであり続けろ。愚かであり続けろ

 

文言集一覧リンク

読書で響いた文言集のリンク一覧を作成いています。
作者別にまとめていますので、気になる作者の書籍を一気にチェックするにはもってこいの内容です。
自己研鑽の一助としてご利用頂ければ幸いです。

 

スティーブ・ジョブズは本当に強い人間であり、交渉の場ではまさに鬼と化すというのがよくわかります。
ただ傍若無人ではなく、そこには強い信念があり、願望があります。
こんな強いビジネスマンにあこがれる今日この頃です。