無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

英語学習はモノマネが重要

英会話

今回の記事は英語学習に関する内容です。

  • 英語のテストで点数を取りたい!
  • リスニング力を高めたい!
  • 英語が話せるようになりたい!

このようなニーズが本当に多くなりました。

今やビジネスはもちろん、学校でも英語学習は強化されています。

グローバル化が叫ばれる昨今。

英語が「使える」ことは必須条件になりつつあります。

  • 英語に苦手意識がある方
  • 英語が話せるようになりたい方

今回の記事に記載されている学習方法というか、むしろ「考え方」に気づいていただけると、きっと効率的な英語学習に取り組めるようになります。

英語も日本語も習得する流れは同じ

さて、ここで質問です。

あなたは日本語を話すことができますか?

この記事を読んでいるほぼ100%の人が「話せます」と答えるでしょう。

ここで断言します。

日本語が話せる人は、英語も話せます。

なぜか?

英語も日本語も両方とも「言語」だから。

あなたは日本語という言語を習得することができています。

1つの言語を習得できているので、もう1つも間違いなく習得できます。

まずはこれをしっかりと認識してください。

※最初から「できない」と決めつけないこと。

 よく

「英語は文法がしっかりできていないといけない!」

という先生がいます。

または、そのような書籍があります。

否定するつもりはありません。

それで成果が出ていれば問題ないのです。

ですが疑問を感じませんか?

あなたは日本語が話せます。

では、国語の文法は完璧に理解していますか?

恐らく多くの人が「No」と答えるでしょう。

そうなんです!

国語(日本語)の文法が完璧でなくても日本語を話すことができます。

日本語でコミュニケーションが取れます。

同じ「言語」である英語は全く違うのでしょうか?

そんなことはありません。

はっきりと言えます。

「同じ」です。

それでは、ここからあなたが日本語を習得した経緯を振り返ってみましょう。

 

学ぶことはまねること(通称:まねぶ)

あなたが生まれたとき、ほぼ間違いなく「親」が日本語を話してます。

毎日、毎日、親から日本語というシャワーを浴びています。

早い子は、1歳になる前に「パパ」「ママ」などと話すように。

そして日本語を話す親のもとで生活していること、少しずついろいろな単語を覚えます。

3歳や4歳になるころには立派に大人と日本語でコミュニケーションが取れるようになっています。

小学校に上がるころには、だれとでも日本語でコミュニケーションが取れる子供が殆どだと思います。

さて、ここまでの間で「文法」の学習はしているでしょうか?

していません。

そう、文法の勉強を懸命にやらなくても日本語は話せる、使える。

なぜでしょうか?

答えは「ものまね」をしているからです。

親が話している言葉、表現の仕方。

テレビやラジオ、絵本などを通して触れた言葉や表現。

これらを「ものまね」をして使っているのです。

人間の凄いところで、ただものまねをするだけでなく、「自然と応用させている」のです。

これを英語で同じように実践すればよいのです。

日本で生活していれば、日本語を習得した時よりは苦戦するのは当然です。

それでも、その状況に近づけることが必要です。

社会人であれば、英会話学校に通ったり、本屋さんで英検やTOEICの本を買って勉強したりとすると思います。

それも大切です。しかし続かない人が多いのも事実です。

なぜ続かないのか?

難易度が高いから。

そしてお金も結構かかるから。

実は、私が日頃お世話になっているお客様で、有名な外語大学を卒業した方から教わった、英語を話せるようになるために、お金もそこまでかからず、ハードルもものすごく低い勉強方法をお伝えします。 

英語学習は具体的にどうすれば良いか?

ここまで読んで頂きありがとうございます。

私もお聞きして驚いた英語が話せるようになる学習方法をお伝えします。

もの凄く簡単です。

まず本屋さんに行きます。

そこで、

「中学生の学校教科書」を3学年分購入

してください。

なぜ中学生の学校教科書が良いのか?

学校教科書なので金額がすこぶる安い。

コミュニケーションを取る為に必要な表現方法の殆どが入っている。

では購入した後はどうすれば良いのか?

「ものまね」で英文を何度も読んでください。

一人二役でも良いです。

中学校の教科書は

「その表現を使用する場面」

が設定されています。

その為、使うイメージが簡単にできます。

外出先で一人二役をやっていたら警察を呼ばれる可能性がありますが、自宅であればだれにも迷惑をかけずにできるはずです。

これを徹底してください。

何度も繰り返しているうちに、恐らく覚えてしまうことでしょう。

覚えたら異なった場面でも使うことができます。

先程も記載していますが、覚えた教科書の内容は

使う場面を想定して編集されている

からです。

日頃の生活の中で遭遇する様々な事象を含んでいます。

だからこそ「自然と応用すること」ができるのです。 

 

まとめ

無理なく、低価格で英語を使えるようになりたいなら、

中学校の教科書を購入

覚えるまで「ものまね」をすること

ここから先は、ビジネス英会話に挑戦しても良いですし、TOEICのハイスコアに挑戦しても良いでしょう。

それだけ義務教育という期間での英語学習は大切なのです。

ものまねである程度身に着けたら、実戦形式にどんどんチャレンジしていってください!

 

ページトップへ

★★カテゴリー★★