無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

メニューへ

代替案の大切さ(ビジネス編)

会議

こんにちは!

今回は「代替案」の大切さについて記載します。

代替案というと少し難しい感じが・・・。

ビジネス上で議論を円滑に進める為には、この「代替案」が大切。

会議の場面や接客の場面で必ず役に立つ内容です。

是非ご一読頂ければ幸いです。

スターバックスでの出来事

もの凄い久しぶりに、恐らく1年ぶりくらいにスターバックスへ。

目的は読書をするため。

学生時代はよく利用していたスターバックス。

最近はあまり行かなくなってました。

その理由はさておき、

この時に素晴らしい店員に接客をしてもらいました。

  • 私「モカフラペチーノをtallサイズでお願いします。」
  • 店員「大変申し訳ございません。すでにメニューからなくなりました。」
  • 私「え、そうなんですか?残念だな~、どうしようか・・・」

普通ならここで、他の商品を選んでもらい、それを提供。

これが一般的な接客だと思います。

しかし、今回の店員は違いました。

  • 店員「もしよろしければカスタマイズしてお作りしますか?
  • 私「カスタマイズ?」
  • 店員「はい。カスタマイズでモカフラペチーノをお作りできます。」
  • 私「どういうことですか?」
  • 店員「コーヒーフラペチーノにチョコレートソースを追加していただくことで、以前のモカフラペチーノを再現できます。
  • 私「本当ですか?お願いします!」

確かに飲んでみると、昔懐かしのモカフラペチーノ。

この対応によって、次回もスターバックスに行こうと決めました。

仮に他の商品を選んでいたら、次はいつものカフェだと思います。

さて、上記の青字部分。これが代替案です。

仮にメニューからなくなってしまっても、

お客様である私にへ満足頂くために出てきた提案

とても気持ちが良くなる対応でした。

特別感すら感じます。

恐らく店員は瞬時に私の状況を察知したのだと思います。

久しぶりの来店で、かつて良く利用していたお客様であると。

このような行動。

実はビジネスパーソンの様々な場面でも大切な行動なのです。

 

何かを否定(拒否)するときは必ず代替案を持つ!

改めて先の例ですが、これは、

「あなたの注文はメニューにありません」

と否定(拒否)されたことと同じです。

ここで終わった場合、満足どころ不満になる可能性も。

しかし、代替案で私を満足させてくれました。

このような対応は、例えば、会議の場面でも有効です。

 

何か議論する題材に対して誰かが提案をします。

※解決すべき課題があり、それを議論している場を想定。

それが正しい、正しくないはどちらでも良いです。

賛同するのももちろん良いです。

しかし、反対する場合。これが要注意です。

ただ否定する、ただダメ出しだけをする

このような行為は、

自ら能力がないことを露呈するだけ。

ポイントは

  • 「議論する題材がある」ということ。
  • 「解決すべき課題がある」ということ。

敢えて考えさせたいが為に代替案を出さないというケースも。

その場合は、そっと、会議後に聞いてみると良いです。

「ご意見ありがとうございました。○○さんは代替案があったのですか?」

即答できれば優れた上司(社員)。

即答せずにヒントを与えるのも素晴らしい上司(社員)。

 

解決すべき課題があるのに、否定しかできない、否定しかしない。

後から確認しても代替案がない。

こういう人は、議論に参加する意味ないですよね。

会議に参加しなくていい人です。

課題解決に向けて前進しているのではなく、その前進をただ止める行為

 

これが逆に、代替案があり、それが最も課題解決に適している場合であれば、否定された側も納得するでしょう。

この後もチームとして、納得して課題解決に取り組んでいけます。

もちろん、代替案を超える代替案があって良いのです。

このようにディスカッションする会議こそ有意義であり、利益を生み出します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

代替案を持つことで、代替案を持ったコミュニケーションを取ることで、恐らくあなたの発言の質が変わります。

周りからの見る目も良い方向へ変わります。

アイディアや提案を否定する場合は必ず代替案を!

様々なビジネスシーンで活かしてもらえることを願います。

ページトップへ

★★カテゴリー★★