無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

ここまでを振り返ってみて・・・Payトレは意味あるのか?

 

PayPayロゴ
OneTapBUYロゴ

PayPayボーナス運用の簡単な説明

PayPayアプリに導入されているミニアプリのPayPayボーナス運用。

OneTapBUYがその運営を行なっています。

ポイント運用の為、「疑似的」運用と表現されます。

疑似的運用の良いところは手数料&税金は全て無料

うまく運用していけば利益が大きく稼げるのではないか?

注意しなければならないのは「PayPayボーナス」しか使えないところ。

現金投入は不可!

買い物をしてPayPayボーナスを稼ぐしか投資元本を増やすことはできない。

 

自分のデイトレ技術向上に向けた練習も含めてPayPayボーナス運用でデイトレを行っていました。

ここでのテーマは・・・

大きく勝って小さく負ける

ボーナスを誤って使ってしまうと元本が減る。

誤使用防止の為、外出中は必ずどちらかのコースに入れなければならない。

2週間デイトレをしてみた結果・・・

■狙い通り利益を獲得できたのか?

■預けっぱなしでもよかったのではないか?

などをこちらの記事で検証します。

ちなみに、PayPayボーナス運用でのデイトレを私は

Payトレ

と名付けています。

Payトレ2週間の成果は?

以下にエクセルで2週間強の状況報告。

日付 曜日 獲得額 累計 最終額 元本 利益率
8/20 203 203 4,853 4,650 4.4%
8/21 244 447 8,287 7,840 5.7%
8/22 12 459 8,439 7,980 5.8%
8/24 139 598 8,670 8,072 7.4%
8/25 142 740 8,872 8,132 9.1%
8/26 51 791 8,945 8,154 9.7%
8/27 234 1,025 9,253 8,228 12.5%
8/28 ▲50 975 9,235 8,260 11.8%
8/29 175 1,150 9,444 8,294 13.9%
8/31 196 1,346 12,809 11,463 11.7%
9/1 ▲56 1,290 12,913 11,623 11.1%
9/2 223 1,513 13,179 11,666 13.0%
9/3 0 1,513 13,179 11,666 13.0%
9/4 ▲451 1,062 12,816 11,754 9.0%

元本が増えていくのは、毎日PayPayボーナスが追加されていくからです。

メニューのデイトレチャレンジからデイトレの状況を記事で残していますので、お時間のある方はそちらで上記の表が本当かどうかをご確認ください!

期間内に上下動はありますが、最終的には「+9.0%」の利益

※最終日にミスしなければ・・・悔やまれる!

2週間で1,062円分を獲得しました

 

Payトレ期間での検証

まず、この時期の連動するS&P500の値動きを確認したいと思います。

f:id:retire60:20200905134652j:image
f:id:retire60:20200905134648j:image

8/20時点での価格は3,386。9/4時点では3,427。

グラフからわかる通り、急激に下がり始めているタイミングです。

この2週間では、3,386→3,427へと8/20基準で1.2%の伸びということがわかります。

スタンダードコースへ預けっぱなしであれば、上記同様に+1.2%

チャレンジコースへ預けっぱなしであれば約3倍の、+3.6%程度。

こう考えると、今回の2週間での+9.0%の利益は・・・

勝利!

と捉えても良いのかもしれません。

Payトレを長期的視点で考えてみる

ここで、PayPayボーナス運用開始前の画面を今一度確認します。


f:id:retire60:20200905135131p:image

f:id:retire60:20200905135126p:image

このまま同じように経済成長をしていく、S&P500の価格が伸びていくという前提ですが・・・

チャレンジコースでは+196.42%

スタンダードコースでは+60.17%

5年間で放っておくだけでこれだけ伸びる可能性があると宣伝しています。

1年間を48週と考えます。

5年間では240週。

仮に私の2週間の運用実績の+9.0%想定で5年間換算すると、

240週÷2週間×+9.0%=+1,080%!

10倍に膨れ上がるという計算。

そんなうまくいくわけないでしょう。普通。

今回はS&P500がイケイケドンドンの状態の期間が長かった。

下げのタイミングも時々当てることができていたので、運用タイミングとしては良い時期だったということもあります。

正直、やっていた本人でさえ、「運の要素が強い」と感じました。

ただ、単純計算ではこの程度になるということが証明されました。

 

まとめ

PayPayボーナス運用を活用したデイトレ、通称Payトレは正直・・・

疲れます!

普通のデイトレより神経を使います。

その理由は、

PayPayボーナスを買い物で消費しないようにしなければならない

つまり、自分の行動もしっかり管理して、各コースへの出し入れを適宜しなければならないから。

通常のデイトレであれば対象の値動きを見ての売買。

これに買い物をするしないの要素が加わってきます。

現金を投下できないため、大きな取引は当然難しい。

FXのようなレバレッジは存在しない。唯一コース選択のみ。

 

以上より、Payトレのオススメできる使い方は・・・

・初めてデイトレにチャレンジする!

・デイトレの練習をしたい!

この2点であればちょうど良いと思います。

Payトレで腕を磨いてから、本格的なデイトレで大きく勝負していくことが、投資初心者には良いと思います。

なぜか?

勝つ楽しみも体験できるが・・・

負ける怖さも体験できるから!

負ける怖さを知っているのが本物の投資家である。