無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

好成績のWealthNavi!良い夏!8月度月末報告

ウェルスナビロゴ

WealthNaviは・・・継続は力なり!コツコツ勝つコツ!

2020年8月15日~30日のWealthNavi実績

今回は少々早めですが、ご報告させて頂きます。

 

入金 :10,000円

入金額画像

分配金:なし

出金 :なし

 

8月31日にも入金予定。

システム上反映が9月1日になるため、今回はここで締めへ。

 

それでは、実際の運用グラフで状況を確認していきます。

ウェルスナビ
ウェルスナビ

円建て含み益は+5.81%⇒+6.65%で+0.84%の上昇

金額では+2,757円アップ

半月間の労働結果としてはまずまずと判断。

ドル建て含み益は+7.64%⇒+9.65%で+2.01%の上昇

円建てより上昇率が高いのには理由があるはず。

そこの分析も含めて以下で行っていきます。 

2020年8月15日~30日の投資項目状況と評価

現時点での私のPFでは約73%が株式。

残りが米国債券、金、不動産。

その為、株式の価格の影響を大きく受けることになる。

コロナ禍からの脱出の糸口が見え始めた結果、投資へ資金が戻り始め、価格高騰が進んだ結果と考えている。

【米国株VTI】

米国株VTIチャート

177.68USDが週末の終値。

170.98USDが集計期間直前の値。

ドル建てで+3.92%上昇

リスク許容度4の設定の為、米国株VTIが全体の1/3を占めている。

ここの影響はやはり大きかったといえる。

【日欧株VEA】

日欧株VEAチャート

42.16USDが週末の終値。

41.67USDが集計期間直前の値。

ドル建てで+1.18%上昇

リスク許容度4の現時点では、全体の28.3%を占める主軸。

世界的に経済活動が回復していると考えても良いと思う。

【新興国株VWO】

新興国株VWOチャート

45.14USDが週末の終値。

43.69USDが集計期間直前の値。

ドル建てで+3.32%上昇

日欧株よりも上昇していることに驚き。

アリババ、テンセント、TSMCの影響を受けやすい。

アリババの動向に今後も注目していきたいと思う。

【米国債券AGG】

米国債券AGGチャート

118.11USDが週末の終値。

118.20USDが集計期間直前の値。

ドル建てで▲0.08%減少

ほぼ横ばいと考えても良い。

米国大統領選の行方が気になるところ。

トランプ継続か、バイデンがくるのか。

これにより影響は出る。もちろんAGG以外にも。

【金GLD】

SPDRゴールドチャート

184.39USDが週末の終値。

182.54USDが集計期間直前の値。

ドル建てで+1.01%上昇

一時期、金が好調と言われていた。

一瞬大きく跳ね上がったが、長期スパンで見ると、なだらかの右肩上がり。

確実に伸びている。

【不動産IYR】

不動産IYRチャート

83.05USDが週末の終値。

81.68USDが集計期間直前の値。

ドル建てで+1.68%上昇

それでもまだ私のPF上では赤状態。

その理由。長期スパンで確認。

不動談IYRチャート

昨年2月中旬では100USDまで上昇している。

そこと比較すれば含み損で全くおかしなところはない。

ドル円相場はどうだったか?

ドル円チャート

8月14日では、106.59円/ドル。

円高ドル安が進み、現時点、105.36円/ドル。

WealthNaviの画面上では、円建てであれば、円安が進むことで上昇することもある。

引き出す場合であれば、円安に振れているときにしたいもの。

今期間については、円高に振れても全体にはプラスに進捗。

各ETFがプラスになった証拠。

 

相場には波があり、いつかは下落することがある。

その時に耐えうるために、

長期・分散・積立

を継続していこう!

 

次回は9月中間報告となります。次回報告をお楽しみに!