無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

<復活>365日外食日記 2020年8月29日 吉野家

はじめに

我が家は少々特殊。

夕食は必ず夫婦一緒に外食。

その為、以前、外食ブログをやっていました。

しかし、新型コロナウィルス感染拡大。

飲食業が夜8時までの運営。

仕事の都合上「夕食は必ず夫婦一緒に外食」が継続できず。

結果、ブログを閉鎖しました。

新型コロナウィルスの猛威も一時期よりは衰退。

営業時間を感染拡大前レベルに戻してくれた店舗がほとんど。

そこで、今回より、365日外食日記を復活させます。

以前からの踏襲は、

「高級店には行かず、大衆店のみ」を対象。

あれば「期間限定」メニューを注文。

端的にわかりやすく、装飾少なめで。

上場企業の場合は配当や優待情報も。

少しでも皆様の参考になるような記事を日々お届けします。

吉野家『月見牛とじ御膳』を食す

f:id:retire60:20200829222228j:image

本日は妻が残業、私は土曜日の為休み。

ワンコ2匹の夕飯を終わらせてから妻を迎えに。

せっかくなので最寄駅ではなく、途中駅まで。

新しい吉野家があるということで訪問。

東証一部上場企業。

新しい吉野家は、

ほぼ完全セルフバージョンの吉野家。

注文→支払い→番号呼出→食事→食器返却

古い吉野家は、

注文→食事→支払い

店内雰囲気の違いはかなり大きい。

女性が一人でも入りやすいつくりになったと言える。

 

夕食として秋限定メニュー『月見牛とじ御膳』を頂きました。

こちらのは8月27日からスタートした限定メニュー。

8月下旬の為、「秋限定」という冠がついています。

しかし秋限定と言っても、その日の最高気温は37℃。

がっつり真夏です。

その影響か、おしんこの量が少ない気が・・・(冗談です)。

牛丼のセットのおしんことは位置付けが異なります。

最初、生卵(写真右上)の意味が分かりませんでした。

すでに卵とじは出来上がっている状態にプラス生卵。

どうすべきなのか?

妻からアドバイスをもらって、卵とじの中にさらに生卵をIN

大正解!

しっかりとかき混ぜると、出来上がった卵と生卵のコラボにより、トロトロの半熟状態を演出

技あり!

味は、吉野家牛丼のたれと卵が絡み合うことで、

すき焼き風!

牛丼+生卵よりすき焼きの味に寄っていく不思議さがある。

お箸だけだときついので、必ずレンゲを借りるようにするのが良い。

どうしても最後に卵とたれ、つまり、すき焼き風の主役たちが残ってしまう。

これで税別648円

カロリーは997kcal。結構重量級。卵2つ分だからか。

本日はグノシークーポン50円引を利用。

カロリーがさすがに心配になる。

次回も食べたくなる美味しさだったが、食べ過ぎには注意しなければならない。

吉野家ホールディングス

個人投資家としては気になってしまう配当と株主優待。

リンクをご用意しましたので参照してください。

外食産業はコロナ禍で本当に疲弊したと思う。

確かに店舗クローズも見かける。

特に地代家賃が高いと思われるところは撤退が早かった。

ブログを通して、このように苦しんでいる業界の力になれれば。

いつまでも時を止めていないで、新しい日常にトライしていこう。