カテゴリー一覧へ

イケイケ!デイトレチャレンジ(PayPayボーナス運用術)

PayPayロゴ

「PayPayボーナス運用で複利効果の実現へ」

※2021年8月情報更新

PayPayボーナス運用デイトレチャレンジ企画・定期報告。嘘偽りがないようにスクリーンショットを多用しています(日時や損益を要チェック!)。

今回はPayPay側提示のサンプルとの比較検証もします。

1.ルール確認

PayPayボーナス運用デイトレチャレンジルール
  1. 運用損益が▲1.5%以下で損切り。
  2. 運用損益が+3.0%以上で利確。
  3. 就寝時以外は全額エントリー(誤使用防止)。※就寝時にエントリーしたままでもOK。
  4. 2コースに分散投資も可。

※1、2はアラート機能無しの為、気付いた時点で実行。

※2021年5月追記※

2021年5月時点で、PayPayボーナスの利用設定が可能になりました。この利用設定のおかげで、誤使用が確実に減り、かつ、PayPayボーナス運用でのデイトレがやりやすくなりました。PayPayボーナスの利用設定に関しては以下のリンクを参照して下さい。

PayPayボーナスの利用設定をする - PayPay

2.2020年8月22日~25日の収支報告

【8月22日】

PayPayボーナス運用は土・日変動無し。しかし、起床時に利益が出ていた為、+12円利確。

その後、リスク抑制のため2コースに分けてPayPayボーナスを投下し月曜日へ。

f:id:retire60:20200822094552p:plain
f:id:retire60:20200822094606p:plain
f:id:retire60:20200822100021j:plain
2020年8月22日のPayトレ状況

【8月24日】

8月23日明け方に65円、8月24日明け方に28円のボーナスが自動追加。出勤途中にスタンダードコースで+7円利確。

次の利確タイミングまでは適宜状況確認をできる状態。全額チャレンジコースへ投下。

f:id:retire60:20200824071540p:plain
f:id:retire60:20200824071545p:plain
f:id:retire60:20200824071550p:plain
2020年8月24日早朝のPayトレ状況

本業の営業外勤時に+44円利確。S&P500が好調ですが、商談中の対処が難しい。本業優先で投下せず。商談終了後に全額チャレンジコースへ全額投下。

f:id:retire60:20200824140631p:plain
f:id:retire60:20200824140642p:plain
f:id:retire60:20200824154745p:plain
2020年8月24日昼間のPayトレ状況

帰宅途中で+58円利確。好調S&P500の利確売りを考慮。リスク回避で全額スタンダードコースへ投下。

f:id:retire60:20200824185215p:plain
f:id:retire60:20200824185224p:plain
f:id:retire60:20200824185421p:plain
2020年8月24日夕方のPayトレ状況

就寝前に+29円利確。米国チャートを確認。このまま現状維持以上でいくと確信。全額チャレンジコースへ投下して翌日へ。

f:id:retire60:20200824232646p:plain
f:id:retire60:20200824232638p:plain
f:id:retire60:20200824232642p:plain
2020年8月24日夜のPayトレ状況
  • 本日合計+139円利確。

【8月25日】

明け方に61円分のボーナスが自動追加。起床時に+49円利確。下落予想で全額スタンダードコースへ投下。

f:id:retire60:20200825075718p:plain
f:id:retire60:20200825075802p:plain
f:id:retire60:20200825075806p:plain
2020年8月25日早朝のPayトレ状況

始業前に+13円利確。本日もS&P500続伸と判断。全額チャレンジコースへ投下。

f:id:retire60:20200825103048p:plain
f:id:retire60:20200825103052p:plain
f:id:retire60:20200825103044p:plain
2020年8月25日午前のPayトレ状況

昼休憩で+64円利確。本業アポが詰まっている為、下落対応遅れリスクがある為、全額スタンダードコースへ投下。

f:id:retire60:20200825130801p:plain
f:id:retire60:20200825130757p:plain
f:id:retire60:20200825130753p:plain
2020年8月25日午後のPayトレ状況

夜帰宅後+16円利確。先物S&P500が下がり始めた為、リスク回避で全額投下せずに保留。

f:id:retire60:20200825223220p:plain
f:id:retire60:20200825223225p:plain
2020年8月25日夜のPayトレ状況
  • 本日合計+142円利確。

3.PayPay側提示のサンプルと比較検証

3-1.PayPay側提示のサンプル確認

f:id:retire60:20200824185302p:plain
f:id:retire60:20200824185312p:plain
2020年8月時点のPayPay側提示ボーナス運用サンプル

両方とも「5年間運用していた場合」を提示。これは過去の推移を参考に算出されています。途中コロナがありましたが、IT関連企業中心にSPDR S&P500 ETFは続伸中。

  • 見せ方がうまい!増える可能性しか感じない!

一見、利益がかなり稼げると感じます。そこで、本当に稼げる可能性があるのかを上記の成果をもとに検証します!

3-2.実際の成果をもとに検証!

f:id:retire60:20210621220244j:plain

チャレンジコースとの比較検証。サンプルでは「5年間で+17,393円の利益」。5年間を1,000日で換算。

  • 17,393円÷1,000日間=約17.4円の利益/日

私の実践では、100円/日以上ですので・・・

  • 100円×1,000日=100,000円/5年間

仮に、この調子でいけば「サンプル予測の約6倍」の効果を見込めます。

たった2日間ですが、サンプルより成果は出たことに。今後マイナスで終わる日も発生すると思います。その場合も恥じることなく報告しますのでご安心ください。

その際にはスタンダードコースとの比較もやってみます。 

4.現時点の累計損益と感想

それでは、企画スタート時点からの累計損益の流れを明記していきます。

◆累計損益◆
  • 2020年8月21日時点累計:+447円
  1. 2020年8月22日獲得:+12円
  2. 2020年8月24日獲得:+138円
  3. 2020年8月25日獲得:+142円
  • 2020年8月25日時点累計:+739円 

リスクを感じたら、投下しないか、スタンダードコースにとどめること。逆に、チャンスと感じたらチャレンジコースで勝負!その為に、私は2つのS&P500のチャートを用意しています。

f:id:retire60:20200825232033j:plain
f:id:retire60:20200825232028j:plain
左:Yahoo!ファイナンス 右:日経関連サイト

ショートカットをiPhoneホーム画面に設定してすぐに見れるようにしています。デイトレですのでチラチラ確認が必要。

そして、大切なメンタル面に関して。

  • 欲をかかず、ルールを決めて、積極的な利確を!

利確しなければ本当の利益とは言えません。疑似的運用ですので税金や手数料の心配は一切ありません。思い切って利確や損切りをしましょう!