無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

カテゴリーメニューへ

新しいデイトレにチャレンジ!★PayPayボーナス運用有効活用術★

PayPayロゴ

 

はじめに(背景)

今まで何度もPayPayボーナス運用で企画を立て、実践と記事作成を行ってきましたが、なかなかしっくりこない・・・。
そして、デイトレで利益を生み出そうと考え、ネオモバ端株デイトレをするもうまくいかず・・・。

★ネオモバ端株デイトレ関連記事★

失敗続きの中、いろいろと考えた末にたどり着いた企画が、

PayPayボーナス運用デイトレ(略してPayトレ)

これならうまくいくだろう・・・。
ということで実際に始めてみることに。
PayPayボーナス運用のメリットは「疑似的」なので「税金」も「手数料」もかからないこと!
前のネオモバ端株デイトレ企画をボツにしてしまい、誠に申し訳ございませんでした・・・m(__)m
今回の企画は成功に導きたいと思います!
キリッ(`・ω・´)
このテーマでの実践報告をすることで少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

ルール設定前の確認

ルール設定の前に2点確認です。

確認① PayPayボーナス誤使用防止

PayPayボーナス運用で一番気を付けなくてはならないのが、
誤ってPayPayボーナスを使ってしまうこと。
できる限りPayPayボーナス運用に使いたいのでそのようなことがないようにしたい。
PayPay残高での支払いの際に、利用される優先順位は以下のように決まっています。

①PayPayボーナスライト
②PayPayボーナス
③PayPayマネーライト
④PayPayマネー

このうち、運用に利用できるのは、
②のPayPayボーナスライトとPayPayボーナスのみ
★2021年にPayPayボーナスの利用設定ができるようになりました!
設定は「支払いに使う」「ボーナス運用に自動追加」「貯める」の3つ。
この設定変更のやり方については以下の記事内に記載しています。

↓PayPayボーナス利用設定紹介↓

これによって誤使用防止が手軽になりました。
少しお手軽にデイトレができそうですね。

 

確認② 投資先2コースについて

投資先2コースについての説明は以下の通りです。

チャレンジコース

銘柄 DIREXION S&P 500 3X(SPXL)
アメリカを代表する複数企業の株価に連動して3倍上下するコース

スタンダードコース

銘柄 SPDR S&P500 ETF(SPY)
アメリカを代表する複数企業に分散して運用するコース

「アメリカを代表する複数企業」というのは、

  • アップル
  • マイクロソフト
  • アマゾン
  • フェイスブック

などが含まれています(2020年8月21日現在)。
チャレンジコースの「3倍の値動き」は魅力的!
ですが、忙しいサラリーマンの場合、放置して少しでも下がると一気に痛手を食らいます。
このあたりに注意しながら以下のルールを設定しました。

 

ルール設定

PayPayボーナス運用デイトレチャレンジルール

①運用損益が▲1.5%を下回ったら損切り
②運用損益が+3.0%を超えたら利確
③誤使用防止策を必ず講じる
④2コースに分散投資も可
⑤定期報告をブログにて行う(適宜)

※①②についてはアラート機能がないため、気付いた時点で実行。

以上のルールに従ってトレードを実施していき、利益を獲得します!

2020年8月20日&21日の収支報告

【8月20日】利益+203円

正確には8月19日の夜中。
初めてPayPayボーナス運用から引き出したため、切りよく8月20日でカウントします。
また、2020年8月20日時点でこの企画を思い立っていなかったため、残っていたスクリーンショットから日時がわかるものを抜粋。

PayPayボーナス運用

 【8月21日】利益+244円

ここからが企画としてしっかりとスクリーンショットを残しています。
今後もこの形式で残していきます。

PayPayボーナス運用
PayPayボーナス運用

この日は1回のみとなります。
今後、複数回実行した際には、その分のスクリーンショットをご用意していきます。

 

現時点の『累計』損益と感想

以下に企画スタート時点からの累計損益の流れを明記していきます。
次回報告時には、今回までの累計損益を合算して表記します。

◆累計損益◆

2020年8月20日時点:+203円
2020年8月21日時点:+447円

開始から2か月半で積み上げた利益をここで一気に利確。
2か月半での運用中は一度も引き出すことなく運用していました。
ちなみに利益が出ていた主な要因は、
新型コロナの影響から価格が安い時点でエントリー出来ていた
と総括できます。
今後は、SPDR S&P500 ETFが最高値を更新しているタイミングですので、出し入れを上手に行って利益を獲得していきたいと思います。
次回報告をお楽しみに!

 

次回報告や考察(リライト)

次回報告記事

次回報告の内容はこちらからご覧ください。

PayPayボーナス運用の考察記事はこちら

様々な角度からPayPayボーナス運用について記事を作成しています。
アクセス数が多い記事のリンクを用意しました。
役立つ情報もありますので是非ご覧ください。

 

気になるPayPay関連リンク

あなたのPayPayボーナス運用は今何週目?

あなたのPayPayボーナス運用状況はどうですか?
確認の為に、PayPayボーナス運用週報と一目で比較できる記事をご用意! 

効率良くPayトレ(デイトレ)で稼ぐには?

少しでも効率よくPayPayボーナス運用で稼ぎたい!
そんな方は是非こちらの記事も参考にしてみてください。 

PayPayボーナス運用関連人気No.1記事

今まで作成したPayPayボーナス運用関連の記事で、最もアクセス数の多い記事。
きっと何かしらのヒントが隠れているかもしれません。