無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

【企画最終】ありがとう!ネオモバでのデイトレはきつかった。

【ルール】

*ネオモバアプリ売買限定

*前日夜に銘柄確定

*当日前場始値(当日7:00まで)

*当日後場始値(当日10:30まで)or後場終値(当日13:30まで)売却

f:id:retire60:20200813181107j:image

【実戦結果】前日資金:15,059円

銘柄:リコー(7752)

購入:8株 769円 計6,152円 前場始値で約定

銘柄’:東洋紡(3101)

購入:4株 1,499円 計5,996円 前場始値で約定

銘柄:リコー(7752)

売却:8株 777円 計6,216円 後場始値で約定

銘柄’:東洋紡(3101)

売却:4株 1,464円 計5,856円 後場終値で約定

f:id:retire60:20200821122210p:plain
f:id:retire60:20200821140906p:plain
f:id:retire60:20200821122219p:plain
f:id:retire60:20200821155638p:plain

 

当日損益:▲76円

累計損益:▲17円

翌日繰越資金:14,983円

通算3勝3負0分

【感想】

<買付時>

今回は気になった2銘柄に対して半々程度の金額にて購入することにした。

銘柄はリコーと東洋紡。

リコーは遺伝子検査精度向上のニュースが好材料と判断。前日比はマイナスとなったが、終値は始値よりは上昇。PBRは0.62で合格。PERが154.73となっており懸念材料ではあるが、上昇可能性は十分と判断。

東洋紡はコロナキット改良の報道を好材料と判断。こちらも前日比では大きくマイナスしている。PBRは0.74で合格。PERは18.75と許容範囲。ここ最近の出来高は小さいのが気になるところ。

昨日までは1銘柄特化で進めたが、昨日の反省を活かし、好材料があるものは買付けることにした。 

<売却後>

懸念材料があったリコーはプラスで売り抜け、硬いと思っていた東洋紡が大きくマイナスした為に、収支はマイナス。勝率は五分で今週を終えたが、資金としてはマイナスとなる。

f:id:retire60:20200821160138j:image

東洋紡は手放すタイミングも誤った。後場始値で売却しておけば少しマイナスを圧縮できたが、終値まで粘る判断をした。この時の判断材料はなし。なんとなく。このなんとなくが更にマイナスを拡大させることになる。このような誤った判断は今後しないように糧としていく。