無理なく資産形成@弱小サラリーマン

資産形成、愛犬フレブル2匹、本業である教育業界についての記事を適宜アップします。

セブン&アイホールディングスに恋して投資

はじめに

前回は「ソフトバンク株式会社」についてご紹介しました。

第2弾は、TVCMや日頃の生活でとても身近な「セブン&アイホールディングス」です。

徒歩30秒圏内にセブンイレブンがあります。

さらに徒歩3分圏内にもう1件セブンイレブンがあります。

外勤営業時で忙しい時の昼食はセブンイレブン。

日頃の習慣とは恐ろしいものです。

 

集中銘柄 セブン&アイホールディングス(3382)

f:id:retire60:20200802170527j:plain

2020年8月時点の情報では、総合小売業で国内2位の実績。

皆様におなじみと思われる「ヨーカドー」「セブンイレブン」がこのホールディングスの核になっています。

この2つはとても身近に感じることができ、それだけでも投資要因としては十分。

「よし継続して投資していこう!」

そう思って先方のHPを確認し、IR情報などを確認したり、会社の全容などに興味をもってコチコチ調べていました。すると、関連会社一覧のページである発見をしました!

 

 

生活にとても密接している企業ですので、「ある程度のことは知っている」と思い込んでいました

 

これが大きな間違い!

 

意外と知らないんですよね、その会社の細部まで。

 

IR情報などはかなり見やすい方で、投資家としてもとても助かります。

業績関連のまとめ方もとても上手。

投資家目線で作られたIR情報ページ。

こういうところにも惹かれていきます!

 

関連会社一覧のページを見た時に、「●●も▲▲もホールディングスの一員なのか」とビックリしました。

私が、関連会社一覧の中で「ここもなのか~」と改めて知った、日頃よく見かける企業を列挙致します。

 

  • 赤ちゃん本舗
  • ロフト
  • バーニーズジャパン
  • Francfranc
  • タワーレコード
  • ぴあ

 

 これらの店舗は「利用している・したことがある」ものです。

 

「これらを束ねている人ってどんだけすごいのよ!」

 

と思ってしまいます!

 

社会人として私自身も日々課題だと感じている・・・

●人を束ねる力

●人を動かす力

●組織運営力

恐らく想像を絶する世界なのかなと思ってしまいます。

 

調べれば調べるほど、セブン&アイホールディングスの偉大さを目の当たりにします。

 

この企業になら投資して失敗しても悔やまない!

 

 

今までの自分の生活を振り返ってみると、

確実に自分の生活の中にセブン&アイホールディングスが居るのです。

 

それでは、セブン&アイホールディングスに投資する理由を以下にまとめさせて頂きます。

  • HP及びIR情報がとても見やすい。
  • 関連会社の多さの驚き。
  • 自分の生活から切っても切り離せない会社の集合体。
  • 配当利回りも悪くない!

以上となります。